<新型コロナ対策にも応用可能──「火星」に住む実験に参加して分かった閉じ籠もり生活の不安と不満の解消法> 2013年、私は荷造りをしてハワイの活火山マウナロアにあるドーム型施設に入った。NASAが支援する模擬火星探査ミッション「HISEAS」に参加するためだ。溶岩原に囲まれた火星そっくりの環境で4カ月間、6人の「クルー」が隔離生活を体験。物理的、心理的、社会的影響を調べて将来の火星探査に役立てようというわけだ。 家族や友人と離れ、交信にも時間がかかる。食事も新鮮な果物や野菜はなく、保存の利く食品だけ。外に出る際は必ず「宇宙服」(といっても政府払い下げのぶかぶかの防護服だが)を着用しなければならなかった。 世界には、何カ月も隔離(缶詰め)生活を強いられる人がたくさんいる。慢性病患者、障害者、受刑者、新米ママ、大学院生、在宅勤務のフリーランス......。そして今は、新型コロナウイルスの急激な感染拡大を受けて、多くの人が外出自粛を求められている。 隔離生活がつらいのは宇宙でも同じ。2年半の火星探査ミッションで宇宙飛行士はどんな問題に直面するのか。彼らがそれに対処するのを、どう支援すればいいか。こうした問題を慎重に検討した上でクルーを選び、計画を立てないと、ミッションが水の泡になりかねない。 模擬探査と新型コロナ対策としての隔離生活の最大の違いの1つは、不確実さだ。世界がいま直面している状況は急速に変化している。外出自粛ムードが広がり、いつまで続くか誰も分からない。一方、模擬探査は最初から期間が決まっていた。私たちは節目ごとにお祝いを計画し、「地球に帰還する日」を指折り数えて待つことができた。 それでも参考にできる点もあるはずだ。私たちクルーの経験を基に、隔離生活を乗り切るヒントを紹介しよう。 ■食事を楽しむ 保存の利く食品をストックしておくのはいいことだ。「火星」の食事は常温保存かフリーズドライか乾燥食品ばかりだったが、工夫次第でおいしくできた。みんなで新しいレシピに挑戦し、節目や仲間の誕生日にはコース料理でお祝いして、単調な毎日に変化をつけることができた。 食べてほっとする味だけでなく、普段は口にしないような新しい味にも挑戦を。新しいレシピも探してみよう。食事の時間を人と触れ合い、新しい経験を楽しみ、安らぎを見いだす時間にしよう。 ===== ■日記をつける NASAは宇宙飛行士に日記をつけるよう勧めている。彼らの悩みを知り、後に続く宇宙飛行士がそうした問題を克服する手助けをするためだ。悩みをぶちまけると、とても楽になる。日常生活を言葉や絵や映像などで記録するのもいいだろう。朝食に何を食べたかとか、同居人にむかついた、とかでもOK。 ■「儀式」を作る 私たちクルーは週2回集まり映画を楽しんだ。気乗りしないときや趣味に合わない作品もあったが、定期的なイベントを楽しみにするのはいいものだった。忙しくしているのも役に立った。何か作ったりしていれば、目の前のことに集中できる。 ■外に出る もっと外に出られればよかったのだが、私に割り当てられたプロジェクトは、読み書きやクルーの睡眠データの整理など屋内作業だった。しかも「宇宙服」をきちんと着るには、数人がかりで10分以上かかる。 それでも、火山岩を踏み締め、洞窟の暗い入り口をのぞき込み、見上げた空が鮮やかな青ではなく赤くくすんでいると想像しながら、マウナロアの赤い溶岩原を歩くのは、いい気分転換になった。もしも可能なら散歩し、新鮮な空気を吸い、ほかの人と適度な距離を保ちつつ日差しをたっぷり浴びよう。 ■人と交流する 遠く離れた火星と地球ではデータ送信に最長24分かかるため、私たちの通信手段はeメールのみに制限された。フェイスタイムもツイッターもフェイスブックもインスタグラムもない。正直少しほっとした。毎日のメールや詩、短い動画メッセージなどが地球にいる人たちとの関係を維持したり、新しい人間関係を築くカギだった。 遠く離れた友人や家族と連絡を取り合うことも大切だ。幸い、火星でなければネットを使ってリアルタイムでやりとりできる。既にバーチャルの読書会やパフォーマンスやカフェデートが全米各地で行われており、大学の授業もオンライン化が進んでいる。 ■変化をつける あるクルーは生物学の実験をいくつも抱え、2、3週間置きに新しいことに集中していた。エクササイズビデオを活用して毎日の運動に変化をつけているクルーも多かった。エアソファやエアチェアも用意されていたので、共有スペースの模様替えも簡単だった。環境を変えれば気分も変わる。仕上げたいプロジェクトが1つ終わったら次のことに取り組むようにして、生活に変化をつけよう。 ===== ■五感を刺激する 「火星」での意外な発見の1つは香りの重要性だ。食品のにおいを当てる実験で新鮮なパイナップルの香りに感動し、草の香りやゴムのにおいに地球が恋しくてたまらなくなった。 安らぎを感じるものに囲まれ、できれば花や植物を飾り、エッセンシャルオイルやスパイスの香りを嗅ぐ。変わった映画やお気に入りのテレビゲーム、音楽を楽しむ。熱いお風呂に入り、ストレッチをし、冷たいシャワーを浴び、自分の身体を意識しよう。 ■退屈を楽しむ 私は退屈したことなんてない──。実験前はそう思っていた。でも実際はほとんど常に退屈で、新しくて面白そうな何かを探してばかりいるのに気付いた。 いら立ちや退屈を感じたら、科学者か芸術家のように面白がってみよう。私は元科学者でジャーナリストだが、実験後は詩や連想に割く時間が増え、表現も以前より婉曲的になった。たまには負の感情に浸ってみるのも悪くない。 ©2020 The Slate Group <本誌2020年4月14日号掲載> 【参考記事】「恐怖の未来が見えた」NYの医師「医療崩壊」前夜を記す日記 【参考記事】緊急事態宣言、東大留学生たちの決断「それでも僕は東京に残る」 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年4月14日号(4月7日発売)は「ルポ五輪延期」特集。IOC、日本政府、東京都の「権謀術数と打算」を追う。PLUS 陸上サニブラウンの本音/デーブ・スペクター五輪斬り/「五輪特需景気」消滅?