エクセルソ・サビュラオさん(35)は米カリフォルニア州で、ネット通販大手・アマゾンの生鮮品配達に従事し、両親の生活を支えている。店舗や住宅でひっきりなしに人と接触するため、新型コロナウイルスに感染するのではないかと恐れる毎日だ。 「神様を信じるしかない。この仕事をしている間は、何とか助けて下さいと。感染したら最後、家に持ち帰って両親に死を宣告するようなものだ」──。 米国民のほぼ全員が政府から自宅待機を命じられている中で、サビュラオさんのように請負労働者としてアマゾンの食品・日用品配達に携わっている人々も無数にいる。だが、彼やその他のドライバーは、パンデミック(感染症の世界的流行)の最前線で働いているにもかかわらず、アマゾンから賃金の上乗せや感染への防護措置を提供されず、安くこき使われている気持ちだという。 4月6日朝、サビュラオさんは約1時間かけてサンフランシスコのベイエリアにある都市・ダブリンに通い、アマゾン傘下の自然・有機食品小売り大手ホール・フーズから、注文のあった生鮮品を集荷した。 サビュラオさんは、ストックトンで両親と同居している。親との同居はフィリピン系米国人の家庭では珍しいことではないが、母は3年前に軽い脳卒中を患い、小売り大手ウォルマートで働いていた父は、新型コロナ絡みで一時帰休に入っている。 白いマスク姿のサビュラオさんが、アマゾンの有料会員制度「プライム」のロゴが入った茶色い紙袋でいっぱいのショッピングカート2台を引いて建物から出てきた。請負労働者が自家用車で配送するプログラム「アマゾン・フレックス」用の駐車場で、車のトランクや後部座席に素早く荷物を積み込んでいく。 シフトの中で最も心をかき乱される時間が、これで終わった。一番恐怖を感じるのは、ホール・フーズの発送準備品コーナーで、注文の品をピックアップする作業だとサビュラオさんは話す。 保健当局は、人と人との間隔を1.8メートル以上保つよう推奨している。しかし、ここではドライバー同士が近接して並んで働いている。他のドライバーたちが開けた冷蔵庫を自分も開く必要があるし、そのたびに触る所を消毒用ティッシュで拭き取る時間はないのが普通だ。 「気がおかしくなりそうだ。他の人々が既に触れたものを扱っているんだ。彼らが咳をしていた可能性だってある。分かったものではない」と、その恐怖を語る。 ===== 配達先での顧客との接触は最低限に アマゾンは、ダブリン市のホール・フーズ店舗やその付属施設には手袋、マスク、消毒用品を用意してあると説明。「われわれは、チームの健康と安全維持に責任を持って取り組んでいる」とし、スタッフには社会的距離を取るよう求め、配達作業員には顧客とさらに大きな距離を保つよう告げているとした。 マスクを外したサビュラオさんは、車を発進した。目的地近くに着くと、スマートフォンで荷物のコードをスキャンし、個人宅に届ける。 顧客との接触は最小限にとどめるよう求められている。アマゾンのアプリを使えば、顧客に商品を置いてほしい場所を尋ねるテキストメッセージを送り、到着予想時間を知らせることができる。 それでも、この日訪問した21件の配達先全てで接触を避けるということはできなかった。ある女性はサビュラオさんが着いた時に私道まで出ていたため、彼女の車のそばに生鮮品を置くことになった。別の家庭では顧客がドアを開け、目の前でしゃがんで注文の品をふき始めた。 こうした仕事が、報いられることもある。振り返ればパンデミックが始まった当初、ある顧客がチップを弾んでくれて、30分足らずの配達をした場合の収入が10ドルから83ドルに跳ね上がったこともあった。 6日に7時間働いて稼いだのは289ドル。半分以上がチップだ。普通は7時間で200ドルほどが稼ぎの相場だ、とサビュラオさんは言う。 しかし、サビュラオさんは、賃金が徐々に変わっているのを感じている。今ではそんな上乗せをもらうのもだんだん珍しくなり、前ほど稼げなくなった上、私物の消毒用ティッシュも底を突きそうで怖い。アマゾンが請負労働者に消毒用品を支給してくれればいいのに、と思う。 「私たちは荷物の配達によって、文字通り命を危険にさらしている」と語りつつ「それでも仕事をやめるわけにはいかない」という。「食べていかなくちゃならない。そういうことだ」と──。[ダブリン(米カリフォルニア州) ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・封鎖解除後のコロナ「震源地」武漢はこうなった ・新型コロナウイルス感染症で「目が痛む」人が増えている? ・猫のコロナ感染率は15%――「人→猫」「猫→人」感染は? ・気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること  ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年4月21日号(4月14日発売)は「日本人が知らない 休み方・休ませ方」特集。働き方改革は失敗だった? コロナ禍の在宅勤務が突き付ける課題。なぜ日本は休めない病なのか――。ほか「欧州封鎖解除は時期尚早」など新型コロナ関連記事も多数掲載。