<勤務時間の半分以上を、部活指導や事務作業など授業以外の雑多な業務に費やしていることが要因か> OECD(経済開発協力機構)は5年ごとに、国際教員調査「TALIS」を実施している。各加盟国の教員の労働実態や意識を調べるもので、先日2018年調査の結果レポートの第2弾が公表された。 国別の統計表が出て