ロイターの集計によると、米国で14日に確認された新型コロナウイルス感染症による死者は少なくとも2228人と、1日当たりの死者としてはこれまでで最多となった。感染者も60万人を超え、他国に比べ少なくとも3倍の水準に達した。 1日当たりの死者数はこれまで、4月10日の2069人が最多だった。 米国で流行が最も深刻なニューヨーク市は14日、新型コロナ感染症によって死亡したと推定されるものの検査で確認されていない死者を3月11日まで遡って統計に含める修正を行った。 ニューヨーク市保健当局によると、「確認された、もしくは推定されるCOVID─19(新型コロナ感染症)による死者」は3700人超増え、累計1万0367人となった。 14日に国内で確認された死者数2228人にはこの修正は反映されていない。 ニューヨーク市の修正分も加えると、全米の死者は累計2万8300人を超えた。 米国では12、13日の死者が約1500人と、前週確認された1日当たりの増加数(約2000人)から大幅に減少していた。 ただ、14日にはルイジアナ州やカリフォルニア州でも1日当たりの死者がこれまでで最多となった。 *内容を追加しました。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・新型コロナウイルス対応で際立つ小池都知事の存在感 差を付けられた安倍首相 ・新型コロナ危機は与党に味方した? 韓国総選挙 ・夏には感染は終息する、と考えていいのか? ・気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること  ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年4月21日号(4月14日発売)は「日本人が知らない 休み方・休ませ方」特集。働き方改革は失敗だった? コロナ禍の在宅勤務が突き付ける課題。なぜ日本は休めない病なのか――。ほか「欧州封鎖解除は時期尚早」など新型コロナ関連記事も多数掲載。