<ノルウェーでは、携帯電話基地局のデータを活用し、新型コロナウイルスの流行の傾向を予測し、感染症病床や集中治療室(ICU)の増床、人工呼吸器の確保など、医療体制の拡充に役立てている......> 人口約530万人の北欧ノルウェーでは、携帯電話基地局のデータを活用し、医療体制の拡充や感染拡大防止策に関する効果検証に役立てている。 ノルウェーで携帯電話などの無線通信サービスを提供する国営企業テレノールは、ノルウェー国内8100カ所以上に携帯電話基地局を設置。ノルウェーの通信データの約80%がテレノールの携帯電話基地局を通過している。 都市封鎖の解除に向けた意思決定でも貴重なツールに テレノールでは、2020年1月以降、ノルウェーの365自治体を対象にユーザーの移動データをノルウェー公衆衛生研究所(NIPH)に提供してきた。テレノールの研究員ケンス・エンゴ=モンセン博士は、その目的について「国内で新型コロナウイルス感染症がどのように広がっているのかを理解するうえで、国民の移動パターンを知ることは不可欠だ」と述べている。 ノルウェー政府は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑制するべく、3月12日から全土で「都市封鎖(ロックダウン)」を実施している。この措置により国民の移動が減ったことはテレノールの移動データからも明らかだ。都市封鎖前の3月10日時点では人の移動が増えたことを示す赤色のエリアが点在した一方、都市封鎖中の3月15日には人の移動が減ったことを示す青色のエリアが全土に広がっている。 telenor ノルウェー公衆衛生研究所では、新型コロナウイルスの拡散シナリオの予測にテレノールの移動データを活用。各自治体の人口構造、各自治体での感染の伝播状況、自治体間の移動状況をふまえた新型コロナウイルスの伝播モデルを独自に開発した。これによって、現在および将来の流行の傾向を自治体レベルで予測でき、感染症病床や集中治療室(ICU)の増床、人工呼吸器の確保など、医療体制の拡充に役立てることができる。また、学校再開や店舗の営業再開、テレワークの緩和など、都市封鎖の解除に向けた意思決定においても、貴重なツールとなっている。 感染者と接触したユーザーに通知されるスマホアプリも開発 ノルウェーでの新型コロナウイルス感染症の感染者数は4月15日時点で6566名だ。流行のピークは脱したとみられ、4月6日時点で基本再生産数(R0:感染者1名から二次感染させる平均的な人数)は0.7と推定されている。 エルナ・ソルベング首相は、感染拡大の状況を注視しながら、4月20日以降、幼稚園や小学校を再開していく方針を明らかにしている。 ノルウェー公衆衛生研究所は、テレノールの移動データを活用した予測モデルに加え、新型コロナウイルスへの感染者やその接触者の早期発見・早期隔離に役立てるべく、感染が確認されたユーザーと近距離で接触したユーザーに通知されるスマートフォンアプリ「スミッテストップ」を開発している。近々、ノルウェー国内で本格的に導入する計画だ。 ===== Norway Says It Has the Virus "Under Control" | Amanpour and Company