<イスラム教団体の大規模集会が感染症のクラスターに、与党政治家からは「コロナ・テロだ」という発言も> 総人口の約80%がヒンドゥー教徒、約14%がイスラム教徒というインドで、イスラム嫌悪が広がっている。首都ニューデリーで開かれたイスラム教の大規模集会が、新型コロナウイルスのクラスターになったとみられているからだ。 イスラム教団体タブリーグ・ジャマートは3月8日から3日間、ニューデリーで大規模集会を開催。ここでの感染がインド全域に広がったとみられており、与党政治家の中には集会を「コロナ・テロだ」と公言する者も現れた。 同団体は2月末、マレーシアの首都クアラルンプールで大規模な集会を開催していた。これが現在の東南アジアにおける感染拡大の震源地とされており、その参加者がニューデリーでの集会にも複数参加したとみられている。 イスラム嫌悪の広がりで、4月4日にはムスリム家族の乳児が病院から診療を拒否され死亡した。生活環境の劣悪な貧困層への感染の広がりが危惧されるなか、差別は被害拡大に拍車を掛けるだけだ。 From Foreign Policy Magazine <本誌2020年4月21日号掲載> 【参考記事】新型コロナウイルス、あまりに不潔で感染者も逃げ出すインドの隔離施設 【参考記事】インドが平和を捨てて宗教排他主義に走る ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年4月21日号(4月14日発売)は「日本人が知らない 休み方・休ませ方」特集。働き方改革は失敗だった? コロナ禍の在宅勤務が突き付ける課題。なぜ日本は休めない病なのか――。ほか「欧州封鎖解除は時期尚早」など新型コロナ関連記事も多数掲載。 =====