<映画界の重鎮らが挫折を乗り越えて再挑戦する、新たなストリーミングサービスの品質はハリウッド級> 今年2月のスーパーボウルで、カンザスシティー・チーフスがサンフランシスコ・フォーティーナイナーズに大逆転勝利した試合でのこと。テレビ中継では、銀行強盗一味の運転手がスマートフォンで「クイビ(Quibi)」に夢中になるあまり車を発進させず、強盗らが大慌てになるというコマーシャルが流れた。アメリカ中のお茶の間やスポーツバーからこんな声が聞こえてくるようだった。「クイビって何だ!?」 クイビは月額4.99ドルの動画サブスクリプションで、4月6日からサービスを開始する。ハリウッド並みの制作力が売りで、1本4〜10分間の番組が数十本提供される。クイビというのは「クイックバイト(軽食)」の略だ。 このプロジェクトは、スティーブン・スピルバーグらと共にドリームワークスSKGを設立したことで知られる映画プロデューサー、ジェフリー・カッツェンバーグのアイデアから生まれた。 クイビのCEOはネットオークション大手eベイの元CEOメグ・ホイットマン。同社はディズニーやソニー・ピクチャーズエンタテインメント、中国のアリババなど、巨大企業から10億ドルもの資金を調達した。 クイビのアイデア自体は新しいものではない。ドリームワークスは1999年、プロが制作した短い動画コンテンツの配信サイト、ポップドットコムを立ち上げた。投資家から5000万ドル以上を調達したが、パートナー企業との交渉決裂などからサービス開始前に頓挫した(スピルバーグらはこの時からクイックバイトの言葉を使っていた)。 2015年には、米大手携帯電話事業者のベライゾン・コミュニケーションズがミレニアル世代を対象に動画配信サイト、Go90(ゴーナインティ)を立ち上げたが、番組の質が悪くそっぽを向かれた。 新型コロナで好機到来? 先駆的な構想から20年。ネットの回線速度は圧倒的に速くなり、スマホはいつでもどこでも接続可能に。短い動画の需要と収益性の高さは、Youtubeが証明している。 1月に開催された世界最大級の家電IT見本市、CESでのプレゼンテーションで、カッツェンバーグは「エンターテインメントの革命」としてクイビを大々的に取り上げた。彼は、18~44歳の消費者が1日に外出先でコンテンツを視聴する時間は8年前の6分から80分に増加していると語った。「この新技術の力で短編映画を提供したらどうなるだろうかと思い始めた」 ===== クイビには10分の短編映画のほか、コメディーやリアリティー番組、ゲームショーにニュースもある。また、視聴者を集めるためにショービジネスのスターを活用している。例えば、番組出演者には俳優のリアム・ヘムズワースや映画監督のギレルモ・デル・トロ、R&B歌手でリアリティー・ダンスショーも手掛けるアッシャーなどの有名どころが名を連ねる。 一風変わったコンテンツには、読心術者がゲストの著名人の心を読む『リオールのゴーン・メンタル』や、法医学の専門家と信仰療法士(ヒーラー)、インテリアデザイナーが悲劇の起きた家を改装する『マーダー・ハウス・フリップ』という番組もある。 テクノロジー系の調査会社ライトシェードパートナーズのアナリスト、リチャード・グリーンフィールドは「利用者は年末までに800万人に達する」と予測する。また、ウォルマートやペプシコ、ゼネラル・ミルズ、P&Gなど巨大企業がスポンサーに名乗り出ており、「宣伝費も莫大になるだろう」。 新型コロナウイルスによる緊急事態の最中、クイビは船出する。現在、大手スタジオは軒並み制作を中断しているが、視聴者が他社の番組に飽きてきた頃にクイビが新コンテンツで攻勢をかければ勝算はあると、一部のアナリストはみている。 一度は挫折を味わった短編動画のサブスク。今度こそ、旋風を巻き起こす? <本誌2020年4月14日号掲載> 【参考記事】サブスク化できないものはあるのか? 多方面に広がる定額使い放題の波、既存企業はどうすべきか 【参考記事】新型コロナウイルスとの戦いは長期化か AVからNetflixまで引きこもり生活サポートに動くエンタメ界 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年4月21日号(4月14日発売)は「日本人が知らない 休み方・休ませ方」特集。働き方改革は失敗だった? コロナ禍の在宅勤務が突き付ける課題。なぜ日本は休めない病なのか――。ほか「欧州封鎖解除は時期尚早」など新型コロナ関連記事も多数掲載。 =====