<史上初めてのマイナス価格の意味は、お金を出しても原油の買い手がいないということだ。新型コロナウイルスの影響がここまできた> アメリカの原油先物は4月20日、史上初めて0ドルを割ってマイナス37.59ドルを記録した。業界筋は原因として、新型コロナウイルス感染症によるロックダウン(都市封鎖)による需要不足と、余った原油の貯蔵場所の不足を挙げる。 今年1月5日に64ドル72セントの高値を付けたウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は、マイナス37.59ドルまで暴落した。商品取引の専門家ボブ・イアッチノは本誌に対し、マイナス価格は前例がないと述べた。 複数の石油トレーダーによると、5月渡しの原油は需要がなく、貯蔵するスペースもないという。また、来週ペルシャ湾に到着する原油も数カ月前に発注されたもので、今は行き先を失っている。貯蔵スペースと物理的輸送にかかるコストは、需要が減少しても変わらずかかる。つまり、現在原油の売り手は、買い手にお金を払って買ってもらわなければならない状況ということだ。 マイナス価格でも操業を止めない理由 ただし原油先物がマイナス価格になったといっても、ガソリンを買う消費者までがお金をもらえるわけではない、と専門家は警告する。マイナスになった5月渡しの原油先物の期限は4月21日、つまり今日なのだ。 「目先の原油需要がなくなっているのは、世界中で外出禁止令が出されているためだ。だから売り手は、『この原油を始末してくれたらこっちも助かる』と言って歩いている状態だ」と、イアッチノは言う。「1バレルあたりマイナス35〜40ドルということは、1000バレル分の先物を買っておけば、将来、原油を受け取った時に3万5000ドルを手に入ることになる。もっとも、その原油をどこに保管するかは別問題だが」 原油先物が0ドルを下回る「異常」事態のもう一つの理由は、貯蔵コストが現時点の需要を超えてしまったせいだと言う。原油は、環境に優しい貯蔵施設か、規制当局から承認を受けたタンクに保管しなければならない。 コンサルタント会社エナジー・アスペクツのチーフ石油アナリスト、アムリタ・センは本誌にこう説明する。「原油価格が0ドルになれば、生産者は普通、生産を止めるはずだ。だが実際は、お金を払ってでも誰かに原油を引き取ってもらった方が、生産設備を閉鎖するよりは経済的だ。原油の生産設備は閉鎖するにも莫大なコストがかかる」 センはアメリカの消費者に対し、原油先物の価格暴落は長期的な価値を反映したものではない可能性が高いと述べ、4月20日に価格がマイナスになったからと言って、ドライバーが「ガソリンを満タンにしてお金をもらえる」事態はあり得ないと釘を刺した。とはいえ、短期的なガソリン小売価格は、すでに多くの州で1ガロンあたり1ドルを割っている。昨年2019年の同時期は、1ガロンあたり2ドル83セントだった。 ===== イアッチノは、新型コロナウイルスによる外出禁止令が解除されて経済活動が再開すれば、原油先物は1986〜2001年にかけての平均価格9〜22ドルあたりに反発すると確信している。しかし、近年の高値である1バレル=33ドルを上回る価格に戻ることはほぼないだろう。 アメリカでは、アーカンソー、コロラド、アイオワ、カンザス、ケンタッキー、ミシガン、ミシシッピ、ミズーリ、ニューヨーク、オハイオ、オクラホマ、バージニア、ウィスコンシンを含む少なくとも13州で今週、ガソリン小売価格がおよそ1ドルか1ドル未満を記録した。また、いくつかの州ではガソリン平均価格が10年以上ぶりに最低となった。 6月物ならびにそれに続く数カ月の価格は、まだ1バレルあたり20ドル前後で推移している。複数のトレーダーは、アメリカが石油の使用を完全に停止しない限り、先物価格は今後数カ月で比較的正常な水準に戻るだろうと予測している。 (翻訳:ガリレオ) ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年4月28日号(4月21日発売)は「日本に迫る医療崩壊」特集。コロナ禍の欧州で起きた医療システムの崩壊を、感染者数の急増する日本が避ける方法は? ほか「ポスト・コロナの世界経済はこうなる」など新型コロナ関連記事も多数掲載。