<韓国国会議員選挙が行われ、共に民主党が圧勝した。接戦が予想されたが、新型コロナウイルスに対する強硬な対応と支援策が浮動票の獲得に繋がったとみられている......> 2020年4月15日、韓国国会議員選挙が行われ、共に民主党が圧勝した。韓国の国会は一院制で定数300議席。改選前120議席だった与党共に民主党は180議席を獲得した。新型コロナウイルスが文政権の失策を覆い、与党に勝利をもたらしたという見方が有力だ。 自宅隔離違反者への罰則は1年以下の懲役 韓国で新型コロナウイルスが拡散しはじめた1月後半から2月前半にかけて、政府の対応は後手に回り批判を浴びたが、感染が広がった大邱・慶北地区を「感染病特別管理地域」に指定して封鎖した。ソウル市は感染病予防法を根拠に新天地教会の閉鎖を命じ、また光化門広場やソウル広場など集会施設等の使用を禁止。 3月3日、政府は国会で可決していた感染病予防・管理法、検疫法、医療法改正案などいわゆる「コロナ3法」の公布を決定した。 法改正により、感染の疑いがある人が検査を拒否すると300万ウォン(約27万円)以下の罰金が課され、また300万ウォン以下だった自宅隔離違反者への罰則は1年以下の懲役または1000万ウォン以下の罰金に強化した。 1級感染病が流行して医薬品等の値上がりや供給不足が生じたとき、保福祉部長官は輸出や国外搬出を禁止する期間を定め、医師や薬剤師には診療や処方時など、患者の外国訪問情報の確認を義務付けた。感染病が発生している地域から入国、あるいは経由した外国人の入国を禁止できる内容も含み、4月5日から施行した。 国内に住居を持たない入国外国人は臨時施設で隔離 韓国法務部はコロナ3法の施行に先立つ4月1日、すべての入国者に2週間の隔離を義務付けた。有症者は空港で検査を受け、無症状の韓国人と韓国に居住する外国人は自宅隔離、国内に住居を持たない外国人は臨時施設で隔離する。 9か所ある臨時施設の約1600室を外国人の隔離場所とし、1日約10万ウォン(約9000円)の入所費用は本人が負担する。入国者は空港から隔離場所まで乗用車による移動が勧告され、乗用車の利用が難しい場合は、入国者専用の空港バスかKTXの専用車両を利用する。 4月1日から5日に入国した外国人のうち11人が隔離を拒否し、同6日、法務部は台湾人女性に法を適用して強制的に出国させた。観光目的で入国した女性は4月2日に入国したが、割り当てられた施設に到着して以後、隔離費用の支払いを拒絶していた。 ソウル東部地検は4月13日、米国から入国した隔離者への逮捕状を請求した。検査で陰性判定を受けていたが、外出を繰り返したうえ、人が集まる銭湯を利用していたのだ。中央災害安全対策本部が集計した4月4日時点の自宅隔離者3万7248人のうち3万人が海外からの入国者で、137人が自宅隔離違反で摘発を受けている。 ===== スマホのアプリと連動したリストバンドで市民監視 防疫当局は「自宅隔離者安全保護アプリ」を導入する。隔離者の携帯電話にGPSを活用したアプリをインストールして行動を監視するが、アプリの設置は同意者に限られ、4月2日時点のソウルの自宅隔離者9千511人中2千38人がアプリを設置していなかった。また、アプリをインストールしたスマートフォンを自宅に置いて外出する例が相次いでいる。 位置情報システム(GIS)による24時間の監視体制を維持する一方、ソウル市は「AIモニタリングコールシステム」を導入する。安全保護アプリをインストールしていない自宅隔離者に電話をかけて状況を把握するためである。 当局はまた一部の自治体が行なっていた抜き打ち点検を全国に拡大する方針を定めた。自治体の担当者と警察官が週2回、アプリを設置していない隔離者や違反歴がある人の隔離場所を事前連絡を行わずに訪問する。 また、住民が違反者を申告する市民監視システムを導入し、さらにスマートフォンのアプリと連動した電子リストバンドを導入する。リストバンドがアプリをインストールしたスマートフォンから20メートル離れると警報が鳴るシステムである。 緊急生活費の支給の支援策が浮動票の獲得に繋がった 政府や自治体は、強硬手段で新型コロナウイスの拡散防止に取り組む一方で住民への支援も計画する。京畿道はすべての道民に支援金10万ウォンを支給すると述べ、ソウル市は所得に応じた緊急生活費の支給を開始した。 選挙戦中盤の4月6日、野党第一党の未来統合党が国民1人当たり50万ウォンを支給する案を発表すると、共に民主党は所得下位70%世帯への支給を検討していた支援金100万ウォン(4人家族基準)を全世帯に拡大する方針に転換した。仁川市は外国人にも支給する方針だが、ソウル市や京畿道、政府は選挙権がない外国人は対象外だ。 与党の圧勝は予想されていなかった。政策の失敗で景気が低迷し、自営業者や零細事業者など多くの人が困窮している。チョ・グク元法務部長官の任命と辞任も追い討ちをかけた。接戦が予想されたが、新型コロナウイルスに対する強硬な対応と支援策が浮動票の獲得に繋がったとみられている。 ===== S Korea to hold first national election amid COVID-19 outbreak