長崎県によると、長崎港に修繕のため停泊しているイタリア船籍の大型クルーズ船の船内で、新たに14人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。 クルーズ船「コスタ・アトランチカ」では、20日に乗組員1人の新型ウイルス感染が確認され、濃厚接触の可能性がある乗組員などを検査したところ、22日には33人の感染が確認された。 コスタ・アトランチカは1月下旬に長崎に入港し、修繕を行っていた。乗客は乗せていない。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・「新型コロナウイルス第2波、今冬に米国を襲う より大きな影響も」米CDC局長 ・金正恩重体説に飛びつく期待と幻想 ・米ジョージア州が「ロックダウン破り」、濃厚接触でも営業再開を待ちきれず ・日本がコロナ死亡者を過小申告している可能性はあるのか?   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年4月28日号(4月21日発売)は「日本に迫る医療崩壊」特集。コロナ禍の欧州で起きた医療システムの崩壊を、感染者数の急増する日本が避ける方法は? ほか「ポスト・コロナの世界経済はこうなる」など新型コロナ関連記事も多数掲載。