■英、零細企業向け融資への100%政府保証を検討=FT ドイツのIFO経済研究所が発表した4月の業況指数は74.3と、過去最低となった。下方修正された前月の85.9から低下した。 ■ハンガリー、来月初めから封鎖解除 首相「急速な経済回復を予想」 英フィナンシャル・タイムズ(FT)は、英政府が、新型コロナウイルス対応として零細企業向け融資の100%保証を検討していると報じた。保守党議員らやイングランド銀行(英中銀)からの強い要請を受けた。 ■独IFO業況指数、4月は過去最低の74.3 過去最大の低下 ハンガリーのオルバン首相は24日、新型コロナウイルスの感染抑制策として導入した封鎖措置を来月初めから徐々に解除する方針を表明した。同国経済が新型コロナによる打撃から急速に回復するとの楽観的見通しも示した。 ■英小売売上高、3月は前月比-5.1% 統計開始以降で最大の減少 英国立統計局(ONS)が発表した3月の小売売上高は前月比5.1%減と、1996年の統計開始以降で最大の落ち込みを記録した。 ■新型コロナウイルス、世界の感染者270万人超・死者約19万人 ロイターの集計によると、新型コロナウイルスの感染者は世界全体で270万人を超え、死者は18万9970人となった。 ■ノルウェーの第1四半期GDPは1.9%減、通年予想は5.5%減 ノルウェー統計局(SSB)が24日発表した2020年第1・四半期(1─3月期)の海洋石油・ガス生産を除いた国内総生産(GDP)は前期比1.9%減少した。 ■盛り上がる「韓国買い」、ロックダウンなしのコロナ封じ込めを評価 新型コロナウイルスが世界で猛威を振るう中、韓国株式市場が他の主要市場をしのぐ目覚ましい回復をみせている。債券市場にも資金が流入している。こうした「韓国買い」は、同国が政府の対応で新型コロナ危機を他国より早く、力強く切り抜けるという期待が背景にある。 ■伊ENI、生産・設備投資予測を下方修正 イタリアのエネルギー会社ENIは24日、生産と設備投資の予測を下方修正した。新型コロナウイルスの感染拡大で原油・ガス需要が急減し、原油価格が大幅に値下がりしていることが背景。 ■韓国版ニューディール政策への道、コロナ危機で開けるか 1930年代に米国が大恐慌から抜け出すために選んだ「ニューディール政策」。韓国はいま、その自国版に取りかかろうとしている。 ■トム・ハンクスがいじめられたコロナ君に手紙、タイプライター贈る 米俳優トム・ハンクスが、コロナという名前を理由にいじめられたと手紙を送ってきたオーストラリアの少年に返信の手紙とスミス・コロナ社製タイプライターを贈った。豪テレビニュースが伝えた。 ■英小売売上高、3月は前月比-5.1% 統計開始以降で最大の減少 英国立統計局(ONS)が発表した3月の小売売上高は前月比5.1%減と、1996年の統計開始以降で最大の落ち込みを記録した。 ■英、零細企業向け融資への100%政府保証を検討=FT 英フィナンシャル・タイムズ(FT)は、英政府が、新型コロナウイルス対応として零細企業向け融資の100%保証を検討していると報じた。保守党議員らやイングランド銀行(英中銀)からの強い要請を受けた。 ■インドネシア、航空機・船舶での国内外の旅行を5月末まで禁止 インドネシア運輸省は24日、新型コロナウイルスの感染対策として、一部の例外を除き、航空機および船舶での国内外の旅行を今週から5月31日まで禁止すると発表した。 ■英、5-7月に1800億ポンドの国債発行 年間予定額を上回る 英債務管理庁は23日、5-7月に1800億ポンド(2220億ドル)の国債を発行する計画を明らかにした。今年度(4-3月)の発行予定額(1561億ポンド)を上回る発行額で、新型コロナウイルス対策の財源を確保する。 【関連記事】 ・新型コロナウイルスは日光・高温・多湿で威力弱まる=米政府研究 ・NY州民3000人検査で14%に抗体確認 新型コロナウイルス感染270万人か ・新型コロナウイルス感染症で「目が痛む」人が増えている? ・日本はコロナ危機ではなく人災だ ===== ■豪ヴァージン、債務44億ドル 航空機リース料の免除要請へ=管財人 新型コロナウイルス危機で、任意管理手続きに入ったオーストラリア第2位の航空会社ヴァージン・オーストラリア・ホールディングスは1万超の債権者に対し、69億豪ドル(43億9000万米ドル)の債務を抱えていることが、管財人デロイトの初期の査定で分かった。 ■豪コロナ感染追跡アプリ、保健当局以外のデータ利用は違法=首相 モリソン豪首相は24日、国民がダウンロードしたスマートフォンアプリで新型コロナウイルスの感染経路を追跡する計画について、アプリで集めたデータに保健当局以外の関係者がアクセスするのは違法と見なす考えを示した。 ■米J&J、新型コロナワクチン候補の量産に向けエマージェントと契約 米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は23日、同社が開発中の新型コロナウイルス予防ワクチンの量産に向け、バイオ医薬品メーカーのエマージェント・バイオソリューションズと契約したと発表した。同社の製造施設を利用して、10億本以上のワクチン生産を目指す。 ■フィリピン、首都マニラ封鎖を5月15日まで延長 フィリピンのドゥテルテ大統領は、新型コロナウイルス感染拡大抑制のため首都マニラのロックダウン(封鎖)期間を5月15日まで延長した。ハリー・ロケ報道官が24日、明らかにした。これにより封鎖は8週間となる。 ■米、強制送還前の一部移民に新型コロナ検査実施へ=当局者 米政府は施設に収容している不法移民を強制送還する前に新型コロナウイルス検査を実施する方針だ。事情に詳しい当局者が23日、明らかにした。グアテマラやハイチ、メキシコなど中南米の国々に送還された移民に感染が続出していることが理由。 ■仏エルメス、第1四半期既存店売上高は‐7.7% 競合より小幅な減少 フランスの高級ブランド品メーカー、エルメスが発表した第1・四半期の既存店売上高は前年同期比7.7%減少した。ただ、同業他社と比べて小幅な落ち込みにとどまり、新型コロナウイルス危機を比較的うまく切り抜けている。 ■米の中小企業支援、上場企業で返金の動き 財務省の指針受け 米国の新型コロナウイルス経済対策の一環である中小企業支援制度(給与保障プログラム、PPP)の下で融資を得た米企業の間で、返金の動きが出ている。米財務省が、上場企業は支援の必要性を証明することが困難との見解を示したためだ。 ■英アストラゼネカ、心臓持病のコロナ患者に糖尿病薬の臨床試験へ 英製薬大手アストラゼネカは23日、糖尿病治療薬「フォシーガ」で心臓や腎臓の持病のある新型コロナウイルス感染症患者を治療する臨床試験を行うと発表した。同社の承認済み薬の臨床試験で2例目になる。 ■バンクシーの壁画少女、巨大マスクでしっかりと感染予防 正体不明の路上芸術家バンクシーが描いた少女の壁画に巨大なマスクが付け加えられた。バンクシー本人が付け加えたかどうかは不明だが、新型コロナのこのご時世、壁画の少女も感染予防のために、しっかりと大きな手術用マスクで顔の半分近くを覆っている。 ■世界経済、今年は記録的マイナス成長に 回復ペースも緩慢か ロイターが世界中のエコノミストを対象に実施した調査結果によると、新型コロナウイルの大流行で景気後退入りしたとみられる世界経済は、今年の成長が記録的なマイナスとなり、回復も緩慢な足取りとなる公算が大きくなっている。 ■中国の新たな新型コロナ感染者は6人、死者はなし 中国国家衛生健康委員会の発表によると、23日時点の中国本土での新たな新型コロナウイルス感染者は6人で、前日の10日から減少した。新たな死者はなかった。 ■途上国の債務再編、米議員団が対中債務の情報開示要求 米共和党の上院議員団は、債務再編や国際支援を要請する途上国に対し、対中債務に関する情報を公開すべきだと主張、トランプ政権に対応を求めた。 【関連記事】 ・新型コロナウイルスは日光・高温・多湿で威力弱まる=米政府研究 ・NY州民3000人検査で14%に抗体確認 新型コロナウイルス感染270万人か ・新型コロナウイルス感染症で「目が痛む」人が増えている? ・日本はコロナ危機ではなく人災だ ===== ■サウジG20シェルパ、新型コロナ対策で追加資金拠出を呼び掛け 20カ国・地域(G20)の議長国サウジアラビアの代表は23日、新型コロナウイルス感染拡大への緊急対応やワクチン開発などに必要な資金の追加拠出を呼び掛けた。 ■ペルーで新型コロナ感染が急増、9日間で2倍となり2万人突破 ペルーで今週、新型コロナウイルス感染者数が急増し、23日に累計で2万人を突破した。感染者数は9日間で2倍に増えているという。 ■ユナイテッド航空が全CAに業務中のマスク着用義務化、米大手航空で初 米ユナイテッド航空は23日、4月24日から全客室乗務員(CA)に業務中のマスクまたは顔を覆うものの着用を義務付けると発表した。米航空大手がこうした規則を導入するのは初めて。 ■中国平安保険、第1四半期は8年ぶりの大幅減益 新型コロナで 中国の平安保険が発表した第1・四半期決算は42.7%の減益と、四半期ベースで約8年ぶりの大幅な減益となった。新型コロナウイルスの感染拡大で事業が混乱した。 ■独シーメンス・ヘルシニアーズ、新型コロナ抗体検査キット供給へ 独シーメンスの医療機器部門、シーメンス・ヘルシニアーズは23日、新型コロナウイルス感染の抗体を調べる血液検査キットの供給に乗り出すと発表した。 ■トルコ、新型コロナ対策で財政拡大の余地=フィッチ幹部 格付け会社フィッチ・レーティングスのディレクター、ダグラス・ウィンスロー氏は23日の動画セミナーで、トルコは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて打ち出した財政刺激策が比較的小規模にとどまっており、さらに拡大する余地があるとの見方を示した。 ■商品価格安、新興国の刺激策実施を一層困難に=メキシコ中銀総裁 メキシコ中央銀行のアレハンドロ・ディアス・デレオン総裁は23日、コモディティー(商品)価格の下落によって、新興国は先進国のような大規模な財政刺激策の実施が一層困難になっているとの認識を示した。 ■新型コロナで80カ国が防護具の輸出制限、WTO「国際協力を」 世界貿易機関(WTO)は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界80カ国・地域がマスクや防護具、手袋などの輸出を禁止または制限する措置を取ったとする報告書を公表した。 ■NZ与党、9月総選挙で過半数維持へ=フィッチ・ソリューションズ フィッチ・グループ傘下の調査会社によると、ニュージーランド与党連合は9月19日の総選挙で過半数議席を維持できる見通し。新型コロナウイルス流行への対応が評価されるという。 ■南ア金鉱山、5月中のフル稼働期待=ゴールド・フィールズCEO 南アフリカの産金大手ゴールド・フィールズのホランド最高経営責任者(CEO)は23日の電話会見で、サウス・ディープ金鉱山が5月末までにフル稼働することに期待感を示した。 ■欧州ワイン生産者の収入、半減も 新型コロナで都市封鎖響く ワインの国際審査機関「OIV」は23日、新型コロナウイルス感染拡大を抑止するためバーやレストランが閉鎖されたことを受け、世界的なワインの販売量が大幅に減少したほか、欧州におけるワイン生産者の収入が半減する可能性があるとの見通しを示した。 ■米国とは移民問題で相互に依存 貿易維持を=メキシコ大統領 メキシコのロペス・オブラドール大統領は23日、メキシコと米国は移民について互いに依存しているとし、両国間の商業活動を「まひ」させないことが重要との考えを示した。 ■イタリア財政赤字、今年は対GDP比で10.4%に=政府文書草案 イタリア政府は、今年の財政赤字の対国内総生産(GDP)比目標を10.4%とするほか、公的債務の対GDP比が155.7%に上昇すると見込んでいる。 【関連記事】 ・新型コロナウイルスは日光・高温・多湿で威力弱まる=米政府研究 ・NY州民3000人検査で14%に抗体確認 新型コロナウイルス感染270万人か ・新型コロナウイルス感染症で「目が痛む」人が増えている? ・日本はコロナ危機ではなく人災だ ===== ■新型コロナ、生活の正常化は当面あり得ない=スコットランド首相 スコットランドのスタージョン行政府首相は23日、新型コロナウイルス感染拡大抑制のための最も厳格な規制が解除されても平常時の生活が戻る公算は小さいとし、社会的距離(ソーシャルディスタンス)政策は年内またはそれ以降も継続する可能性があると述べた。 ■南ア、5月1日にロックダウン緩和へ 一部事業の再開可能に 南アフリカのラマポーザ大統領は23日、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けたロックダウン(都市封鎖)措置を5月1日に緩和し、一部産業の事業活動再開を認める方針を示した。 ■英消費者信頼感指数、4月前半も2009年2月以来の低水準=GfK 市場調査会社GfKが発表した4月1─14日の英消費者信頼感指数は3月16─27日と同じマイナス34となり、引き続き2009年2月以来の低水準だった。3月前半のマイナス9からは大幅に低下している。 ■米FRBの企業融資制度、エネルギー業界の除外継続を=民主党議員 米民主党の2人の議員は23日、連邦準備理事会(FRB)に宛てた書簡で、6000億ドルの企業向け融資制度について、国内のエネルギー業界が他の債務返済に資金を充当できるよう条件を変更すべきとする同業界の要望を拒否するよう求めた。 ■インド4―6月期はマイナス成長へ 90年代半ば以降で初[ ロイター調査によると、新型コロナウイルスの感染拡大に対応したロックダウン(封鎖措置)の影響で、インド経済は4─6月期に1990年代半ば以降で初めてマイナス成長に陥る見通しだ。 ■共和党幹部の州破産巡る発言、NY州知事が「最も愚かな考え」 米ニューヨーク州のクオモ知事は23日の会見で、上院共和党トップのマコネル院内総務が前日、新型コロナウイルスの影響で財政が圧迫されている州について、連邦破産法の適用申請を認めるほうが好ましいとの考えを示したことについて、「最も愚かな考え」だと批判し、容認すれば、株式市場の急落を引き起こすと指摘した。 ■中国でもコロナ「再陽性」増加、SARSにない未知の特性 防護服、二重のマスク、フェイスシールドを着用したデュ・ミンジュンさんは、ある朝、武漢郊外にあるアパートの1室を訪れ、マホガニー製のドアをノックした。 ■仏企業、ロックダウンで債務履行能力に懸念=中銀総裁 仏中央銀行のビルロワドガロー総裁は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため全土で実施されているロックダウン(都市封鎖)により、仏企業のバランスシートが著しく毀損し、債務履行能力が脅かされる可能性があるとの見方を示した。 ■米、WHO資金拠出再開しない可能性 代替機関設立も=国務長官 ポンペオ米国務長官は世界保健機関(WHO)について、新型コロナウイルス感染拡大への対応を巡って抜本的な改革が必要との認識を示し、米国はWHOへの資金拠出を再開しない可能性があると述べた。また、WHOの代替機関の設立に取り組む可能性もあると表明した。 ■EU、コロナ対応で1兆ユーロの緊急基金設立へ 詳細は持ち越し 欧州連合(EU)首脳は23日、新型コロナウイルス流行で打撃を受けた経済の復興を支援する1兆ユーロ規模の緊急基金を設立することで合意した。ただ、資金を返済の必要がない助成金として支給するのか、あるいは返済が必要な貸付金として支給するかを巡って各国の意見が分かれたため、詳細は今後に持ち越すことになった。 ■豪、WHO総会でコロナ巡る各国査察を提言へ=首相 オーストラリアのモリソン首相は23日の記者会見で、5月17日の世界保健機関(WHO)の年次総会では、新型コロナウイルスの世界的大流行を巡り、各国に乗り込む権限を持つ査察官の仕組みを導入して国際調査を実施するよう求める方針を示した。 【関連記事】 ・新型コロナウイルスは日光・高温・多湿で威力弱まる=米政府研究 ・NY州民3000人検査で14%に抗体確認 新型コロナウイルス感染270万人か ・新型コロナウイルス感染症で「目が痛む」人が増えている? ・日本はコロナ危機ではなく人災だ ===== ■新型コロナ、日光と高湿度で威力弱まる=研究結果で米政府高官 米国土安全保障省の高官は23日、新型コロナウイルスに関する政府の研究で、日光が当たる場所や高温・高湿度の環境下では、より短い時間で威力が弱まる傾向が示されたと明らかにした。 ■米国の自動車工場、5月上旬再開「あまりに危険」=全米自動車労組 全米自動車労組(UAW)のギャンブル委員長は23日、自動車工場とミシガン州経済を5月上旬に再開するのは「あまりに早くあまりに危険」だと表明した。職場が安全だと確信するのに科学的データとウイルス検査が不十分だとしている。 ■S&P、独コメルツ銀を格下げ ドイツ銀の見通しも引き下げ