サッカーのイタリア・セリエAは、シーズン再開に向けて練習を始めた後、使用した新型コロナウイルスの検査キット1つに対し、5つを寄付するという。イタリアのコリエレ・デロ・スポルト紙が25日、報じた。 報道によると、イタリア・サッカー連盟(FIGC)は複数の案を含めた提案書を政府に送付したという。練習を再開できるかどうかに関する最終判断は政府が下す。 寄付が実施されれば、検査キットのように医療の現場で必要とされている物資をサッカー界が奪っているのでは、との批判が減るかもしれない。 FIGCは5月中の練習再開を希望しているが、政府は22日の時点では、まだ日程は決められないとの見方を示していた。[ローマ ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・米、新型コロナウイルス死者5万人突破 朝鮮戦争での戦死者数を上回る ・新型コロナウイルスは日光・高温・多湿で威力弱まる=米政府研究 ・夏には感染は終息する、と考えていいのか? ・新型コロナウイルス感染症で「目が痛む」人が増えている?   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年4月28日号(4月21日発売)は「日本に迫る医療崩壊」特集。コロナ禍の欧州で起きた医療システムの崩壊を、感染者数の急増する日本が避ける方法は? ほか「ポスト・コロナの世界経済はこうなる」など新型コロナ関連記事も多数掲載。