ロシア政府が実施した新型コロナウイルスの抗体検査プロジェクトで24日、モスクワ地域住民の最大10人に1人が感染していた可能性があることが分かった。新型コロナが公式統計よりも広範囲に拡大していることが示唆された。 データは、イスラエル・ハダッサ医療クリニックのロシア支部、インターナショナル・メディカル・クラスターがロイターに公表した。 公式発表では、モスクワ地域で確認されている感染者数は4万4786人。同地域の人口2000万人超の0.2%が感染していることになる。 検査は、インフルエンザ類似の症状のない人に対して、4300ルーブル(57.70ドル)で実施。調査開始から2週間で約1000人を検査した。 クリニックは「先週は抗体があった人の割合が3%程度だったのに対し、今週は9─10%に上昇した。これは、緩やかな免疫形成が進んでいることを意味する」と指摘した。 ロシアでは今月、厳しいロックダウン(封鎖政策)にもかかわらず)、新型コロナ感染者数が急増し、24日には6万8000人を超えた。[スコルコボ(ロシア) ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・中国・武漢市、新型コロナウイルス入院患者がゼロに 全員退院 ・新型コロナウイルスが蝕む孫正義の夢 10兆円の巨大投資ファンド、投資先の大半に問題抱える ・「マスク品切れ」いつまで経っても解消されないのは何故? 多くの人に届ける方策とは ・夏には感染は終息する、と考えていいのか? ・新型コロナウイルス感染症で「目が痛む」人が増えている?   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年4月28日号(4月21日発売)は「日本に迫る医療崩壊」特集。コロナ禍の欧州で起きた医療システムの崩壊を、感染者数の急増する日本が避ける方法は? ほか「ポスト・コロナの世界経済はこうなる」など新型コロナ関連記事も多数掲載。