イースター(復活祭)を迎えた4月12日から翌朝にかけて、米南部で竜巻が相次いで発生した。 米国立気象局は少なくとも130個の竜巻を確認。 サウスカロライナ州の9人を含む33人以上が死亡した。アーカンソー州、アラバマ州、ジョージア州、テネシー州、ミシシッピ州など各地で甚大な被害が出た。 人類への脅威はウイルスだけではない。 <2020年5月5日/12日号掲載> 【参考記事】災害時の人命救助にゴキブリが活躍? 【参考記事】米テネシー州を襲った竜巻、生活の全てを吹き飛ばした ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月5日/12日号(4月28日発売)は「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集。パックン、ロバート キャンベル、アレックス・カー、リチャード・クー、フローラン・ダバディら14人の外国人識者が示す、コロナ禍で見えてきた日本の長所と短所、進むべき道。 ===== アメリカ南部の広範囲を襲った竜巻とその爪痕 Guardian News-YouTube