米海軍指導部は、原子力空母セオドア・ルーズベルト艦内で発生した新型コロナウイルスの対応を巡り解任されたクロージャー前艦長について、復帰させるべきだとエスパー国防長官に進言した。複数の政府関係者が24日に明らかにした。 国防総省は、エスパー長官がこの件に関する海軍の初期段階の調査結果を受け取ったとし、完全な調査結果を踏まえた上で、海軍指導部と次の措置について話し合う方針だと説明した。 国防総省のホフマン報道官は24日の会見で、エスパー長官は先入観を持たずにこの件に対応するとし、海軍指導部の結果を支持する方に傾いていると述べた。 下院軍事委員会のアダム・スミス委員長(民主党)は「この危機下において、クロージャー氏はまさに乗組員が必要とする指導者だ」と述べ、同氏の復帰を求めた。 クロージャー氏は航行中の空母内での感染拡大を受け、部外者にも支援要請をしたことが問題視され、当時のモドリー海軍長官代行によって解任された。 乗組員らがクロージャー氏を英雄と称賛する中、モドリー氏の決定に対しては多くの批判が噴出した。その後、モドリー氏は、クロージャー氏への軽蔑的な発言で自らも辞任に追い込まれた。[ワシントン ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・中国・武漢市、新型コロナウイルス入院患者がゼロに 全員退院 ・新型コロナウイルスが蝕む孫正義の夢 10兆円の巨大投資ファンド、投資先の大半に問題抱える ・「マスク品切れ」いつまで経っても解消されないのは何故? 多くの人に届ける方策とは ・夏には感染は終息する、と考えていいのか? ・新型コロナウイルス感染症で「目が痛む」人が増えている?   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年4月28日号(4月21日発売)は「日本に迫る医療崩壊」特集。コロナ禍の欧州で起きた医療システムの崩壊を、感染者数の急増する日本が避ける方法は? ほか「ポスト・コロナの世界経済はこうなる」など新型コロナ関連記事も多数掲載。