「見てません !キリッ」と米国会で完全否定したのは嘘だったのか… Amazonが出店ブランドの禁断の取引データをこっそり社内で見ながら競合商品を開発し、Amazonプライベートブランドの商品として売っていることがWSJの調べでわかりました。 Amazonベーシックなどの自社ブランド事業を担当した元社員20人余りの証言と内部資料で明らかになったもの。