<麻酔科医として働く弟のことが心配でならないが、医療関係者もN95マスクが手に入らない同地で、市民らによる「マクガイバーイング」が広がっている> 自分が生まれ育った州、ニュージャージー。新型コロナウイルスの感染者数は、ニューヨークに次いでアメリカで2番目に多い。5000人以上が死んでいる。そんな危ない地域に弟が住んでいる。 しかも彼は病院で働く麻酔科医で、運ばれてくる新型コロナウイルス患者と真っ先に接するのだ。地域の人々を守っている弟のことは誇りに思うが、彼自身がこの病気で倒れるのではないかと心配でならない。 以前から話題になっているが、特に感染が集中しているニュージャージーのような地域では、医療関係者用の個人防護具(PPE)が足りない。弟が働く病院でももちろん、ないものはない。 でも、弟たち医師はPPEが病院に入ってくるのを待っていられない。とにかく一生懸命患者の治療にあたらなくてはならない。どうにかして自分の身を守ろうとしながら。 すなわち、防護具が病院にない以上、それがないままで働くか、自費で買うか、自分で作るかしかない。 アメリカに『冒険野郎マクガイバー』というテレビドラマがある。2016年からリメーク版が放映されているが、アメリカでは80年代から愛されてきた。 連邦政府関連の秘密組織のエージェントとして働く主人公アンガス・マクガイバーは、さまざまな事件を解決するのだが、どんなエピソードでも身の回りにある日用品を使って絶体絶命のピンチを切り抜けるシーンがある。その場面があまりにインパクトが強いためか、アメリカでは極端なDIYを番組にちなんで「マクガイバーイング(macgyvering)」と言うようになった。 そして今、医療関係者がその辺のごく普通のものから防護具を作ることも「マクガイバーイング」と呼ばれているのだ。 3月上旬からN95マスクが手に入らない 弟と彼の同僚が抱えている最大の課題はマスク不足。厳密に言えば、N95という医師用のサージカルマスクが足りない。N95の「95」とは95パーセントのことで、0.1~0.3μm(マイクロメートル)の微粒子を95%以上捕集できるから、そう呼ばれている。医療関係者としてぜひとも欲しいものだが、値段が高い上、感染拡大が深刻になっているニュージャージーでは特に、3月上旬からなかなか手に入らなくなっているらしい。 そこで、医師らが「マクガイバーイング」を考え始めた。普通に手に入るものを応用して、サージカルマスクに代わるマスクは作れないものか? ===== 答えは、是。実はアメリカの病院に数多く転がっているあるものを使えば、N95に負けないような優れたマスクが作れることが分かった。そのすごいものとは、手術器具とトレイの間に敷かれる布だ。豊富にあるこの素材を2枚重ねにすれば、N95に取って代わるマスクが出来上がる。 報道によれば、この発案によって作られたDIYマスクは微粒子の実に99%以上を捕集できているという。名前を付けるならば、N99になる! 適切な生地が見つかったところで喜ぶべきだけれど、忙しい医療関係者は必要なマスクを自分で作るだけの時間がない。そこで、多くの市民が病院のスタッフに代わって、マスク作りに取りかかっている。ピンチから切り抜ける「マクガイバー」式対策だ。 「不幸中の幸い」と言えばちょっと大げさかもしれないが、この話を聞いて私は少し楽観するようになった。 新型コロナウイルスを敵に、医師や看護師を味方の兵隊に例えるなら、防護具が鎧になる。このマスク作りを通じて、兵隊に守られる市民が自らの手でその兵隊に鎧を着せているというわけだ。戦の際にはそうでなくちゃ。 「兵隊」の兄としてはほっとするニュースだ。弟には伝染るなよ、コロナめ! 【参考記事】コロナ「出口戦略」の鍵となる検査体制、どうすれば拡充できるのか? 【参考記事】「恐怖の未来が見えた」NYの医師「医療崩壊」前夜を記す日記 【参考記事】NY州調査、人工呼吸器装着の重症患者「90%近くが死亡」 [筆者] トニー・ラズロ ベストセラーとなったコミックエッセイ『ダーリンは外国人』(小栗左多里&トニー・ラズロ、メディアファクトリー)の主人公。1960年、米ニュージャージー州生まれ。1985年から日本を拠点にジャーナリスト、講師として活動する。著書に『ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し』『英語にあきたら多言語を!――ポリグロットの真実』『手に持って、行こう――ダーリンの手仕事にっぽん』など。 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月5日/12日号(4月28日発売)は「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集。パックン、ロバート キャンベル、アレックス・カー、リチャード・クー、フローラン・ダバディら14人の外国人識者が示す、コロナ禍で見えてきた日本の長所と短所、進むべき道。