北朝鮮と韓国の軍事境界線付近で3日朝、両国による銃撃戦が発生した。北朝鮮を巡っては、健康不安説が流れていた金正恩(キム・ジョンウン)委員長が約3週間ぶりに公の場に姿を見せたと伝えられたばかりだった。 韓国軍合同参謀本部の声明によると、現地時間午前7時41分、北朝鮮から韓国側の警備施設に向けて複数の銃撃があった。韓国は2発を発射して応戦。負傷者は報告されていない。 同日、記者団に状況を説明した参謀本部高官によると、今回の銃撃は農地で発生しており、北朝鮮側の意図的な挑発行為とは思われない、という。同高官は、標的を狙う視野もなく、霧の中で行われた銃撃であり、果たして「明確な挑発と考えられるだろうか」と疑問を呈した。しかし、明確な結論には触れなかった。 韓国シンクタンク、峨山政策研究院の崔剛(チェ・ガン)副院長は、今回の銃撃は挑発かどうかはっきりせず、タイミングを考えると、むしろ金委員長が北朝鮮の軍部を依然として取り仕切っていることを示す目的があったのではないか、と指摘する。 「金氏は昨日、自身が全く健康であることをみせつけようとし、きょうは自身が軍部のコントロールを失ったという憶測をすべて打ち消そうとしていた」と分析。「自分は健康であり、いまだに権力の中心にあることをわれわれにあらためて認識させる狙いがあったのだろう」と語った。 ポンペオ米国務長官は3日、北朝鮮側の銃撃は「偶発的」だった可能性が高いとの見方を示した。 同長官は米ABCの番組で、「われわれは偶発的なものだったとみている。韓国側は撃ち返した。われわれが把握している限り、双方とも死者は出ていない」と述べた。 金委員長が重篤な状況にあるか知っているかについては言及を控えたが、北朝鮮国営メディアが最近の行事での委員長の映像を報じたことを踏まえ、「金委員長は元気なようだ」と述べた。また、金氏はこれまでにも長期間、公の場に姿を現さなかったことがあり、異例なことではないと指摘した。 *内容を追加しました。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月5日/12日号(4月28日発売)は「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集。パックン、ロバート キャンベル、アレックス・カー、リチャード・クー、フローラン・ダバディら14人の外国人識者が示す、コロナ禍で見えてきた日本の長所と短所、進むべき道。