<当局に居場所を知られるのが怖くて病院にも行けない──新しい国に渡っても別の深刻な問題が彼らを襲っている> アフガニスタン難民であるエスマト・モハマディ(22)は、第2の故郷であるドイツ南部のシュツットガルトが新型コロナウイルスの危機に見舞われた際の状況に思わず苦笑した。スーパーマーケットは大混雑で、警備員が客を見張っている。「本当に戦争でも起こったら、この人たちはどうするのだろうと思った」と、数々の修羅場をくぐり抜けてきたモハマディは言う。 モハマディのような難民にとって、新型コロナウイルスの感染拡大には都合のいい部分もある。アフガニスタン人は難民集団としては世界最大規模であり、彼らは最近までドイツからたびたび本国に強制送還されていた。 だが現在、この措置は中止されている。人道的観点からではない。大きな理由は、航空便の大半が運休になったことだ。アフガニスタンも自国に新型コロナウイルスの問題を抱えているため、ドイツ政府に自国民の強制送還をやめるよう依頼した。 いまアフガニスタンの大部分の地域に、新型コロナウイルスの感染が広がっている。4月24日の時点で感染者は1350人以上、死者は43人とされるが、専門家のみるところ実際の人数ははるかに多い可能性がある。 一方で多くのアフガニスタン難民は、強制送還を一時的に免れても、自らの立場の弱さをこれまで以上に痛感している。医療サービスを受けることは、ほとんど期待できない。ドイツをはじめ主要ヨーロッパ諸国の医療制度が、限界に近づいているためだ。 国境なき医師団(MSF)によると、ヨーロッパにいる難民は特に新型コロナウイルスの影響を受けやすい。「彼らの多くは過密状態の宿泊施設で暮らしている」と、MSFの人道問題専門家オレリー・ポンテューは指摘する。「特にダブリン条約に基づいてEU内で最初に入国した国に送還される恐れがある不法移民や難民は、病院を受診すれば拘束されるのではないかという不安から、新型コロナウイルス感染症の疑いがあっても症状を報告しない可能性がある」 難民の大規模クラスター ギリシャのレスボス島にあるモリア難民センターでは、混乱と絶望の中で1万9000人以上が足止めされている。彼らの大半はアフガニスタンやシリア、エリトリアなどのアフリカ・アジア諸国の出身者だ。このセンターは最大3000人を収容するために建設されたが、現状は目を覆うばかりだ。 ドイツの緑の党の議員で欧州議会議員のエリック・マルカルトは、レスボス島を何度か視察した。電話取材に応じた彼は「この島で起こっていることは、ドイツも含めたヨーロッパの恥だ」と語った。 ===== 「私たちは、ギリシャの島々で難民を足止めする政策を打ち切るよう、4年前から訴えてきた」と、ポンテューは言う。「この政策はずっと、難民の健康と尊厳をむしばんでいる。現在こうした施設では新型コロナウイルスの感染が拡大し、これまで以上に緊急課題となっている。EUの端の国境(ギリシャ)で大規模なクラスターが発生すれば、全てのEU加盟国がその影響を受ける」 アブドゥル・ハキム(22)の境遇は、難民たちの命が危うい状態にあることを示すもう1つの例だ。病気になったらどうすればいいのかと、彼は思う。現在はシュツットガルト在住だが、数年前に難民認定申請が受理された国はイタリアで、以前は首都ローマから約600キロ離れた南部のカラブリア州に住んでいた。貧困と汚職で知られ、主にマフィアが牛耳っている地域だ。 「仕事もなかったし、インフラはひどかった。誰も難民のことなど気に掛けていなかった」と、ハキムは言う。 いつかは滞在手続きのためイタリアに戻る必要があるだろう。ただし新型コロナウイルスの感染が拡大した今は、行きたくても行けない状況だ。ハキムがイタリアで加入できる医療保険は緊急時にしか適用されないと聞く。感染拡大で大打撃を受けている国で、それがどういう意味を持つのか、今の彼には分からない。 「この危機ではっきりしたのは、いま私たち(難民)は重要視されていないということだ」と、ハキムは言う。「ヨーロッパの人々は、自分のことだけで精いっぱいだ。他人のことには関心がない。まして難民など眼中にない」 彼が聞いたところでは、最近は難民が医師や薬剤師の元を訪れても、いいかげんな診断や処方だけで厄介払いされることが多いという。 そればかりか、病院に行くことさえできない場合もある。ドイツの隣のオーストリアで感染拡大が始まったとき、30歳のレザ・アリ(仮名)は別の問題を抱えていた。同国西部インスブルックでの生活を始めてから10年近くになるが、3月初めに強制送還の通知が届いたのだ。彼はレストラン店長の仕事を辞め、行方をくらますしかなかった。 「何が何だか分からない」と、アリは電話取材で居場所を明かさずに語った。「この国に長いこと住んでいるし、ビザもある。とにかく、問題が解決するまでおとなしくしているしかない」。当局に居場所を知られたくないため、たとえ感染の疑いがあっても病院には行かないという。 命より優先されるもの 既にオーストリア当局は、難民の受け入れを事実上停止している。難民は新型コロナウイルスに感染していないことを証明しないと、入国を許されない。批判派に言わせれば、そんな証明は不可能だ。基本的人権とオーストリア憲法にも違反しているとする批判もある。 ===== 移住管理に関する措置を取るにはそれなりに猶予期間が必要だと、MSFのポンテューは言う。各国は感染封じ込めに向けて協調し、移民・難民も対象に含めるために必要な措置を取るべきだという。メールによる取材にポンテューは「今でも移住問題が人々の健康と命より優先されている」と答えた。 2018年前半、ドイツにはアフガニスタン出身の難民が25万人以上いた。そのうち数万人は、それまでの数年間に入国した人々。その他は1980年代から90年代にやって来た。 モハマディがドイツに来たのは、2015年夏にヨーロッパで難民危機が始まった頃だった。シリアやアフガニスタン、イラク、アフリカ諸国から数十万人が、ドイツやオーストリア、フランス、スウェーデンなどを目指して殺到した。 バルカン半島を北上するルートをたどったモハマディは、ブルガリアとセルビア、ハンガリーで、不衛生で過密な難民キャンプに身を寄せていた。「本当にひどかった。あんな所に暮らしていたら、未来はない」と、彼は言う。 4月24日現在、ドイツで確認された新型コロナウイルスの感染者は15万4000人を超える。死者は5700人以上だ。ドイツ当局は医療崩壊を懸念している。 大半のEU諸国は、難民に対する支援に及び腰だ。ギリシャの難民キャンプには保護者のいない10代前半の子供たちが多く滞在しているが、このうち約1600人を受け入れるEUの計画に、ドイツはようやく参加を決めた。 4月18日には、第1陣の47人が到着。ドイツは約500人の受け入れに合意し、ルクセンブルクも既に12人を受け入れている。 だが緑の党のマルカルトに言わせれば、これは政治的な茶番でしかない。ドイツは10代の女の子の難民を中心に受け入れたい意向を示している(ギリシャの難民キャンプにいる若い難民の9割が男の子)。このグロテスクな方針は難民受け入れに反対する極右の見方に大きく影響されていると、マルカルトは言う。 難民たちの闇は、どこまでも深い。 From Foreign Policy Magazine <本誌2020年5月5日/12日号掲載> 【参考記事】ヨーロッパを再び襲う難民・移民危機 【参考記事】ヨーロッパの「感染ピーク越え」は幻想なのか ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月5日/12日号(4月28日発売)は「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集。パックン、ロバート キャンベル、アレックス・カー、リチャード・クー、フローラン・ダバディら14人の外国人識者が示す、コロナ禍で見えてきた日本の長所と短所、進むべき道。