<ひと足早く新型コロナ対策の制限解除となった韓国は、どんな工夫でステイホームを乗り切った?> リモート飲み会、Netflix party、Zoom用壁紙、働く人に感謝の気持ちを込めた向けた絵やメッセージ等を窓に張る窓際美術館......。今回の新型コロナウイルスによる世界的な外出自粛で様々なブームが生み出されている。 特にSATY HOMEの呼びかけが始まると、世界中から家で一人、もしくはリモートで楽しめるユニークなアイディアが誕生し、それがSNSなどを通じてどんどん世界に拡散されている。 そんななか、お隣りの韓国から誕生した大ヒットブームといえば、ダルゴナコーヒーと呼ばれる飲み物だろう。 ダルゴナコーヒーとは、外出自粛に家で時間をもて余した人たちが考え出した、美味しく時間つぶしができるコーヒーのアレンジレシピだ。まるでカフェメニューにありそうなビジュアルの可愛さも相まって、写真や動画がSNSで拡散されると、瞬く間に世界で大流行し始めた。 英語でも韓国語そのままのDalgona Coffeeという発音で呼ばれ、スウェーデンのあるカフェでは「Dalgona」の名前でメニューになったほどだ。 3つの材料を400回混ぜる 作り方は簡単だ。材料はたった4つ「水(もしくはぬるま湯)+砂糖+インスタントコーヒーの粉、そして牛乳」だけでできる。まず牛乳以外の材料を1:1:1の割合で容器に入れてホイップクリーム状態になるまで400回ほどまぜる。最後にコップに入れた牛乳に浮かべれば、おしゃれなお店で出てきそうなコーヒーが出来上がる。 ソウルの街を歩けば、カフェの多さに驚く日本人は多い。韓国人はカフェ好きで、またお茶よりもコーヒーの方が飲まれているのではないかと思うほど、珈琲党が多い国だ。コロナのせいで外出できないなか、カフェ好きの韓国人たちはこういった「おうちカフェ」をして楽しんでいる。 ダルゴナ(달고나 )とは、日本でも昔懐かしいカラメル焼のお菓子のことを指す。ダルゴナコーヒーのブームと共に、ソウル牛乳は「ダルコナ味の牛乳」を早速発売開始した。また、食品会社ノンシンからは、ベビースターラーメンを固めたようなチョルビョンというお菓子のダルゴナ味が発売され話題となった。何事もフットワークの軽さが韓国の特徴だ。 ===== 1000回混ぜるオムレツ 韓国人のSNSを見ていると、外出自粛のおうち時間に流行っているのはダルゴナコーヒーだけではない。まず、ダルゴナコーヒーブームの少し後にSNSに登場したのが、「1000回混ぜて作るスフレ・オムレツ」である。 これは、卵の白身を1000回以上混ぜてふんわりしたメレンゲ状にした後、別に溶いた黄身と静かに混ぜ合わせてフライパンで焼けば出来上がる。フワフワとした新触感のオムレツということで興味を引き、ひそかな人気を呼んでいる。 一方で、韓国のママさん層のSNSを賑わせているのが「ジェティ餅」と呼ばれるお菓子である。「ジェティ」とは、牛乳に混ぜて使うインスタントココアで、子供たちに人気の商品だ。 この「ジェティ+牛乳+ジャガイモでんぷん粉(もしくは餅粉か、片栗粉でも代用可)」を1:3:1の割合で鍋に入れ、弱火にかけながら1000回練ると餅状になる。ひと口大に切りお好みでココアパウダーなどを振り掛ければ、あっという間に出来上がり。家で暇をもて余している子供たちと一緒に簡単スイーツ餅作りをしてみてはいかがだろうか。 インスタ映え目指すなら龍のヒゲ さらに本格的でSNS映えがすると注目を集めているのが、よく台湾や韓国の露店で「2本が4本、4本が8本......」というパフォーマンスで有名な「龍のひげ」の自作である。 材料はたった2つ「片栗粉+マイチュウ(韓国のチューイングキャンディー。日本ではハイチュウで代用)」だけでできる。まず、準備として、大きめのボウルに片栗粉を入れておく。そして、別の耐熱容器の内側に油を薄く塗り、その中にマイチュウを好きなだけ入れていく。これを電子レンジで約50秒温め、マイチュウが柔らかくなったたら、やけどに注意しながら、片栗粉の入った容器に入れる。これを太さが均一なドーナツ状にしてから伸ばし、真ん中で交差させて8の字にする。あとは街角で見かけたあのおなじみの動作「折り畳み、伸ばして、8の字にひねる」を1000回ほど繰り返していけば、30分程度できれいな龍の髭となる。 ===== 身近な野菜のお手軽菜園もブームに 食べ物のDIYブーム以外にも、様々なチャレンジをSNSで発見することができる。例えば、本来なら料理するときに捨ててしまうはずのネギの根っこの白い部分を植えて育てる「ネギ育てチャレンジ」が流行中だ。 土に植えなくてもコップに水を入れ、根っこ部分を漬けていれば、簡単にすくすく育ち始める。ネギは成長が比較的早くSNSで報告しやすい。インスタグラムなどに「대파 기르기(ねぎを育てる)」と言うハッシュタグで成長日記をアップする事が流行っている。 このネギ育成ブームの少し後には、もやしを家で育てる人たちも登場した。手がかからず、放って置いても勝手に育ってくれるうえに、最終的に収穫し食べられることがウケているようだ。 気分だけでも旅行したい人は? 元々旅行好きな人には、この自粛生活はつらい我慢の期間となっていることだろう。何か月も前に予約し、楽しみにしていたゴールデンウィークの旅行を泣く泣くキャンセルした人もなかにはいるかもしれない。そういう方たちにぜひ挑戦していただきたいのが、韓国で芸能人たちも参加している外出禁止のトラベルチャレンジだ。 今は旅行に出かけるわけには行けないので、行ってみたい旅先の写真に自宅で撮った自分の写真を合成して、あたかも旅行に行ってきましたという写真を作りSNSにアップする人たちが増えている。もちろん、自分の写真はたとえ室内で合っても、背景に似合うバカンス風な服装と小道具で演出しなければならない。ポーズにも工夫が必要だ。 また、本当は自分の部屋や自宅のベランダにいるのに、小道具や衣装で旅行先にいるような演出した写真を撮って、「방구석여행챌린지(部屋の隅旅行チャレンジ)」というハッシュタグを付けるのも流行している。 これらの旅行チャレンジは、女優コ・ソヨンや、イ・シヨン、俳優のイ・ピルモらも各自のSNSを通して写真を掲載し、注目を集めている。 日本では緊急事態宣言が今月末までさらに延長された。しばらく続きそうな自粛生活の中で、もしも時間をもて余しているなら、今回紹介した韓国初のアイディアを試してみてはいかがだろう。少しでも皆さんのSTAY HOMEを乗り切るお役に立てたのなら幸いである。 ===== タルゴナコーヒー、材料の他に体力も必要 お笑い界の SUBUSNEWS / YouTube