バフェットが米航空株をすべて売却、「私のミスだった」

<新型コロナウイルスによるロックダウンの後、アメリカ人が再びかつてのように空を飛ぶようになるのかわからないとして、デルタ、アメリカン、サウスウエスト、ユナイテッドの4社から資金を引き揚げた。4社は今後、自らの資産を食い潰すことになる、とも> 米著名投資家のウォーレン・バフェットは5月2日、自身が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイの年次株式総会で、同社が保有していた40億ドル相当の米航空株をすべて売却したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の悪影響が続いていることが理由だ。バフェットはユナイテッド航空、アメリカン航空、サウスウエスト航空とデルタ航空の株式を保有していた。 「航空ビジネスは大きく変わったと思う」とバフェットは言った。「将来が見えにくくなった。ロックダウン(封鎖措置)が長期間続くことでアメリカ人の習慣がどう変わったのか、今後どう変わるのか、私には分からない」 コロナ禍の影響で、空の旅の需要は激減した。何千もの航空機が待機状態にあり、運航便数は減っている。各航空会社は大幅な人員削減に踏み切ったり、従業員に無給休暇を取るよう要請したりしている。 「大幅な損失を出してでも、航空株を手放すことを決めた」とバフェットは語った。「将来的に資金を食いつぶすと予想される企業に資金は出せない。(航空業界は)需要が干上がっている状態だ。基本的に、空の旅は停止状態にある」 <参考記事>気がつけば乗客は自分1人だけ それでも飛ぶ米航空機業界の苦境 気が変わったらすべてを売るのが流儀 バークシャーはデルタ航空株の11%、アメリカン航空株とサウスウエスト航空株のそれぞれ10%とユナイテッド航空株の9%を保有していた。これら航空大手の株価は2020年に入ってから46%~70%下落している。4月には4社とも、第1四半期の決算で数年ぶりの損失を報告していた。 バフェットはさらにこう語った。「私たちにはどうにもできない事情によるロックダウンで、複数の業界が影響を受けている。そして残念ながら、中でも大きな打撃を受けているのが航空業界だ」 <参考記事>新型コロナで激変する世界の航空業界、その未来は中国が決める またバフェットは、航空各社に「これまでに70億ドルから80億ドルを投じたが、回収できた金額はそれに遠く及ばない」とも説明。航空業界への投資は「私のミスだった」と責任を認めた。 また航空株を全て手放したことについてバフェットは、「売却すると決めたら、一部ではなく全てを売却するのが私たちのやり方だ」と説明。「持ち分を少しずつ減らすようなことはしない。気に入った企業があればそこの株式をなるべく多く買って、できる限り長く持ち続ける。気が変わったら、中途半端なことはしない」 ===== バフェットは、今でも(手放した)航空各社や航空業界の経営者たちを尊敬していると強調したが、新型コロナウイルスの予想外のパンデミック(世界的な大流行)を受けて、自分の投資テーマを大きく変えざるを得なかったと語った。 「航空株を買った当初は、投資に対して魅力的な見返りがあった」と彼は語った。「だが航空ビジネスについての私の認識が間違っていたことが分かった。4社の優秀なCEOには何の落ち度もない。航空会社のCEOという仕事は本当に大変なのだ」 彼はさらにこう続けた。「私たちは、これらの航空会社の経営に失望したのではない。私たちが株式を買った企業はどこも、経営がしっかりしていた。彼らは多くの正しいことをした。だが航空ビジネスは本当に、とても難しいビジネスなのだ。毎日、何百万という人を相手にしていて、その1%の人にとって何かがうまくいかないと全てがうまくいかなくなる」 バフェットは航空業界の近い将来についても、悲観的な見通しを示した。 「人々が3~4年後に、昨年までと同じくらい飛行機に乗るかどうか分からない」と彼は語り、航空各社は巨額の負債を抱えることになって、それが企業利益や株主の利益にも打撃をもたらすだろうと警告した。 「今回手放した4つの航空会社はいずれも、少なくとも100億ドルか120億ドルの借り入れを行うことになるだろう」と彼は語った。「借り入れをしたら、それを一定期間のうちに企業利益から返済していかなければならない。自社株や自社株購入権を売却しなければならないケースも出てくるだろう。そうなれば企業価値は損なわれてしまう」 バークシャーの決定を受けて、デルタ航空は「バフェット氏とバークシャーのチームには、多大な尊敬の念を抱いている」とコメントした。 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月5日/12日号(4月28日発売)は「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集。パックン、ロバート キャンベル、アレックス・カー、リチャード・クー、フローラン・ダバディら14人の外国人識者が示す、コロナ禍で見えてきた日本の長所と短所、進むべき道。

バフェットが米航空株をすべて売却、「私のミスだった」

<新型コロナウイルスによるロックダウンの後、アメリカ人が再びかつてのように空を飛ぶようになるのかわからないとして、デルタ、アメリカン、サウスウエスト、ユナイテッドの4社から資金を引き揚げた。4社は今後、自らの資産を食い潰すことになる、とも> 米著名投資家のウォーレン・バフェットは5月2日、自身が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイの年次株式総会で、同社が保有していた40億ドル相当の米航空株をすべて売却したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の悪影響が続いていることが理由だ。バフェットはユナイテッド航空、アメリカン航空、サウスウエスト航空とデルタ航空の株式を保有していた。 「航空ビジネスは大きく変わったと思う」とバフェットは言った。「将来が見えにくくなった。ロックダウン(封鎖措置)が長期間続くことでアメリカ人の習慣がどう変わったのか、今後どう変わるのか、私には分からない」 コロナ禍の影響で、空の旅の需要は激減した。何千もの航空機が待機状態にあり、運航便数は減っている。各航空会社は大幅な人員削減に踏み切ったり、従業員に無給休暇を取るよう要請したりしている。 「大幅な損失を出してでも、航空株を手放すことを決めた」とバフェットは語った。「将来的に資金を食いつぶすと予想される企業に資金は出せない。(航空業界は)需要が干上がっている状態だ。基本的に、空の旅は停止状態にある」 <参考記事>気がつけば乗客は自分1人だけ それでも飛ぶ米航空機業界の苦境 気が変わったらすべてを売るのが流儀 バークシャーはデルタ航空株の11%、アメリカン航空株とサウスウエスト航空株のそれぞれ10%とユナイテッド航空株の9%を保有していた。これら航空大手の株価は2020年に入ってから46%~70%下落している。4月には4社とも、第1四半期の決算で数年ぶりの損失を報告していた。 バフェットはさらにこう語った。「私たちにはどうにもできない事情によるロックダウンで、複数の業界が影響を受けている。そして残念ながら、中でも大きな打撃を受けているのが航空業界だ」 <参考記事>新型コロナで激変する世界の航空業界、その未来は中国が決める またバフェットは、航空各社に「これまでに70億ドルから80億ドルを投じたが、回収できた金額はそれに遠く及ばない」とも説明。航空業界への投資は「私のミスだった」と責任を認めた。 また航空株を全て手放したことについてバフェットは、「売却すると決めたら、一部ではなく全てを売却するのが私たちのやり方だ」と説明。「持ち分を少しずつ減らすようなことはしない。気に入った企業があればそこの株式をなるべく多く買って、できる限り長く持ち続ける。気が変わったら、中途半端なことはしない」 ===== バフェットは、今でも(手放した)航空各社や航空業界の経営者たちを尊敬していると強調したが、新型コロナウイルスの予想外のパンデミック(世界的な大流行)を受けて、自分の投資テーマを大きく変えざるを得なかったと語った。 「航空株を買った当初は、投資に対して魅力的な見返りがあった」と彼は語った。「だが航空ビジネスについての私の認識が間違っていたことが分かった。4社の優秀なCEOには何の落ち度もない。航空会社のCEOという仕事は本当に大変なのだ」 彼はさらにこう続けた。「私たちは、これらの航空会社の経営に失望したのではない。私たちが株式を買った企業はどこも、経営がしっかりしていた。彼らは多くの正しいことをした。だが航空ビジネスは本当に、とても難しいビジネスなのだ。毎日、何百万という人を相手にしていて、その1%の人にとって何かがうまくいかないと全てがうまくいかなくなる」 バフェットは航空業界の近い将来についても、悲観的な見通しを示した。 「人々が3~4年後に、昨年までと同じくらい飛行機に乗るかどうか分からない」と彼は語り、航空各社は巨額の負債を抱えることになって、それが企業利益や株主の利益にも打撃をもたらすだろうと警告した。 「今回手放した4つの航空会社はいずれも、少なくとも100億ドルか120億ドルの借り入れを行うことになるだろう」と彼は語った。「借り入れをしたら、それを一定期間のうちに企業利益から返済していかなければならない。自社株や自社株購入権を売却しなければならないケースも出てくるだろう。そうなれば企業価値は損なわれてしまう」 バークシャーの決定を受けて、デルタ航空は「バフェット氏とバークシャーのチームには、多大な尊敬の念を抱いている」とコメントした。 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月5日/12日号(4月28日発売)は「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集。パックン、ロバート キャンベル、アレックス・カー、リチャード・クー、フローラン・ダバディら14人の外国人識者が示す、コロナ禍で見えてきた日本の長所と短所、進むべき道。

これも面白いキャッシングニュース

ソフト闇金で金を借りて返さないとどうなるのかと言う検証してみようと思いgoogle検索でソフト闇金を検索。

おー!たくさん出てくる!

こんなにソフト闇金と言う業者がホームページを作って金を貸しては荒稼ぎをしているとは思いもしなかった。

結局何社かに申込みをしてみることにしました。

申し込みをして数分でかかってくるところもあれば次の日まで音沙汰なしのところもありました。

ソフト闇金は電話対応はいたって普通のお兄さんって感じで愛想は良かったかな。

で、借りた金額なんだけど3箇所から借りて
A店は30,000円借りて振り込まれた金額12,000円・・・・・はー?って感じ。完済金額は45,000円。。。。笑える。

B店は20,000円借りて振り込まれた金額15,000円・・・・・まだましか。。。。完済金額30,000円。。。。笑える。

C店は50,000円借りて振り込まれた金額47,000円・・・・・うん。まぁ良しとしよう。完済金額65,000円高いけどまぁぎりぎりwww

と言っても返さないんだけどね。

これでとりあえず返済期日を待つのみです。


みなさん!!例えどんなに苦労をしたとしてもソフトヤミ金などの業者からお金を借りることはやめましょう。

他にも個人間融資個人融資などでお金を貸してあげると語り暴利な金利を取るソフトヤミ金の業者も多数いますので気をつけましょう。


ブラック融資即日借りれるお店です。

ブラック融資の方でも確実に融資を受けられます。

ブラック融資を専門に取り扱います。

ブラック融資不安な方でもお申し込みお願いします。

ブラック融資主婦でも安心して借りれます。

ブラック融資借金で苦しんでいる方は是非ご相談ください。

ソフト闇金はビットキャッシングにお任せください!
完全ブラック融資ソフト闇金ビットキャッシングなら誰にでも即日融資いたします!

ソフト闇金
ソフト闇金
ソフト闇金

ソフトヤミ金
ソフトヤミ金
ソフトヤミ金

ソフト闇金のことならソフト闇金イズにご連絡ください!
ブラック融資で誰でも即日融資!!
ソフト闇金イズならだれでも簡単キャッシング!