<本来、日本語では「あなた」と呼びかけていいのは、対等か目下の相手に限る。部下は部長に対して「あなたはどうされますか?」ではなく、「部長はどうされますか?」と言うのが普通だ。だが最近は、外国語の影響で大きく変化している> 「親愛なる、エテリ・トゥトベリーゼ。誕生日おめでとう。私にとってあなたはベストのコーチであり、世界におけるメンターでもあります。あなたは美しさ、女性らしさを備え、(......)私の成長を促進してくれます」(ヤフーニュース 2019年2月25日) ロシアのフィギュアスケート選手アリーナ・ザギトワの発言を読んで(むろん翻訳だが)、ああ、やっぱりと思った。こういう「あなた」は翻訳記事に多いのだが、それだけではない。 近頃よく送られてくるダイレクトメールにも「あなたへのおすすめ」「あなたが最初です!」なる表現をしばしば目にする。なぜ見ず知らずの相手に「あなた」と言われなければならないのかと、少しむっとする。というのも本来、「あなた」は対等、もしくは目下の相手に使う言葉だからだ。 そもそも、日本人は「あなた」「彼ら」など、欧米語でいうところの「人称代名詞」を使わない傾向がある(わたしは日本語には人称代名詞はないと考えているが、ここでは触れない)。なかでも、「あなた」を違和感なく自然に使える場面は日本ではとても少ない。 だから、多くの日本人は、相手の名前(「○○さん」)や役職(「××部長」)、職名(「植木屋さん」)などで呼ぶのである。 しかし、言葉は時代と共に変化していくことは言うまでもない。いや、誤用をきっかけに活性化され、豊かになっていくこともある。とはいえ、それが相手に不快感を与える場合はまずいと最近まで思っていた。 ドラマで「わたくしはあなたの執事」、テレビ局にメールした ところが、公園で飼い犬にしきりに「あなた」と呼びかけている人を見て、ストンと胸のつかえが下りた。最近よく使われるようになった「あなた」は、実は「You」なのだということに思い至ったのである。 そういえば、こんなこともあった。「お仕えする奥様」のために執事が大活躍するドラマを見ていたとき、彼が「わたくしはあなたの執事ですから」と言ったのを聞いた私は、「お仕えする人に向かって『あなた』と言うのはいかがなものか」という旨のメールをしたのだ(テレビ局にメールしたのは生まれて初めてだ)。 その後、「あなた」は「あなたさま」に変わっていた。このドラマのように主人と奉公人という関係では、言葉は時代と共に変わるというわけにはいかない。 ===== これには近頃、急速に増えている英語の映画やテレビドラマの吹き替えも関係があるように思う。字幕より吹き替えのほうが逐語訳に近いからだ。日本語と違って、「You」は誰にでも使える。「あなた(=You)」が広く使われるようになった背景には、そんなこともあるのではないか。 見方を変えれば、英語(外国語)の影響はそれほどに大きくなっているともいえる。そのうち「わたしの不安たち」とか「政策の失敗たち」など、抽象名詞まで複数形にする人たちも出てくるのだろうか......。日本語がどのように変わってきているのか、それについてはいずれ機会を改めて述べたいと思う。 【参考記事】外国語が上手いかどうかは顔で決まる?──大坂なおみとカズオ・イシグロと早見優 【参考記事】欧米の言語はなぜ繰り返しが多く、くどいのか? [筆者] 平野卿子 翻訳家。お茶の水女子大学卒業後、ドイツ・テュービンゲン大学留学。訳書に『敏感すぎるあなたへ――緊張、不安、パニックは自分で断ち切れる』(CCCメディアハウス)、『ネオナチの少女』(筑摩書房)、『キャプテン・ブルーベアの13と1/2の人生』(河出書房新社、2006年レッシング・ドイツ連邦共和国翻訳賞受賞)など多数。著書に『肌断食――スキンケア、やめました』(河出書房新社)がある。 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月5日/12日号(4月28日発売)は「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集。パックン、ロバート キャンベル、アレックス・カー、リチャード・クー、フローラン・ダバディら14人の外国人識者が示す、コロナ禍で見えてきた日本の長所と短所、進むべき道。