米ホワイトハウスでトランプ大統領らの身の回りの世話をする軍所属のスタッフが新型コロナウイルスに感染したことが判明し、トランプ氏はペンス副大統領とともに新型コロナの検査を改めて受け、陰性の結果が出た。 トランプ氏は7日、テキサス州知事とホワイトハウスで面会した際、記者団に、感染した男性スタッフとはほとんど接触していないと述べ、これまで週1回だった検査を今後は毎日受けると説明した。 トランプ、ペンス両氏とも面会中にマスクを着用しなかった。 トランプ氏の世話係や側近などは全員、定期的に新型コロナの検査を受けているが、大統領執務室があるホワイトハウス西棟に勤務するスタッフや大統領警護隊、訪問者はマスクを着用していない。 ホワイトハウスのギドリー報道官は先に、トランプ、ペンス両氏が新型コロナの検査を受け、陰性だったと発表したが、感染が判明した軍所属スタッフのホワイトハウス内での役割は明らかにしていなかった。 *内容を追加しました。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染23人確認 39日ぶりに30人を切る ・「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に ・新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(7日現在) ・「ブラック企業・日本」がコロナ禍で犯し続ける不作為   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月5日/12日号(4月28日発売)は「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集。パックン、ロバート キャンベル、アレックス・カー、リチャード・クー、フローラン・ダバディら14人の外国人識者が示す、コロナ禍で見えてきた日本の長所と短所、進むべき道。