新型コロナウイルス規制を緩和したばかりの韓国の首都ソウルで、新たなクラスター(感染者の集団)が発生した兆候が出て衛生当局が調査している。感染者数は比較的少ないものの今後増加することが予想され、当局は感染した可能性のある人の特定などを急いでいる。 韓国疾病予防管理局(KCDC)は8日、ソウルで外国人にも人気の観光スポット、梨泰院(イテウォン)のクラブに関連した感染者を少なくとも15人確認したと発表した。 韓国は、新規感染者数の減少を受けて6日から社会的距離を確保する規則をさらに緩和していた。 KCDCの鄭銀敬局長は感染場所とされるクラブについて「最も懸念する危険な条件がそろっている。そのような施設の管理を強化する必要がある。そういう場所に行くことをできるだけ控えてほしい」と述べた。 ソウル市の当局者によると、問題のクラブを訪れた約1500人を特定。感染者が在住ないし訪れた他の場所では、すでに感染者が確認されているという。 当局は、週末にクラブに行った人に14日間、自主隔離し検査を受けるよう要請した。[ソウル 8日 ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当局の科学者「恐ろしい」 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染39人確認 7日ぶり増加、累計4810人 ・ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑制と相関がない」と研究結果 ・「ブラック企業・日本」がコロナ禍で犯し続ける不作為   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月5日/12日号(4月28日発売)は「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集。パックン、ロバート キャンベル、アレックス・カー、リチャード・クー、フローラン・ダバディら14人の外国人識者が示す、コロナ禍で見えてきた日本の長所と短所、進むべき道。