<大人気ネットフリックス作品の主人公はアメリカ最大の私設動物園の運営者......次々に登場するクレイジーなキャラクターは猛獣よりも危険?> クレイジー度で現実を超えるなんて、新型コロナウイルスに襲われた今の世界では無理難題だ。ところが、ネットフリックスが3月20日に配信開始したオリジナルドキュメンタリー『タイガーキング:ブリーダーは虎より強者⁈』は、そんな難問を余裕でクリアしている。 本作の主人公は、ネコ科の大型動物を集めたアメリカ最大級の私設動物園を運営するジョー・エキゾチック。自称「マレット(襟足だけ伸ばした髪形)で銃所持者のレッドネック(保守的な田舎白人層)のゲイ」だ。 落ち着いたドキュメンタリー作品でじっくり味わうに値する人物だが、監督のエリック・グッドとレベッカ・チェイクリンは本作を奇妙な面々を盛り込んだ7つのエピソードから成る饗宴に仕立て上げた。副題が「殺人と大混乱と狂気」なのも、もっともだ。 まとまりがなく、倫理的に問題のある作品でもある。大物ドキュメンタリー映画監督のエロール・モリス風の抽象的な人物描写で幕を開け、監督の1人称視点の真相追及スタイルに変化したかと思うと、おなじみのタブロイド的番組に着地する。それも開始からわずか10分の間に、だ。 最大のネタであるべき事実は、視聴者の関心を引き付けるという口実の下、早々に暴露される。おしゃべりで動物を愛するジョーは、殺人依頼などの罪で刑務所入りした身なのだ。獄中の彼との電話インタビューが各所に挟み込まれ、本作はとりとめのないまま浅ましい結末を迎える。 監督のグッドが米メディアに語っているところでは、動物の権利をテーマとする作品になるはずが、とっぴな登場人物たちに焦点を当てるようネットフリックスに要求されたという。その結果、事件の教訓をまとめるはずの終盤になる頃には、全く別物の作品を見ている気分にさせられる。 そうはいっても、これほどキャラが立った人々だらけでは、その奇矯な「生態」を啞然としながら楽しみたいという誘惑にはあらがい難い。 奇妙なキャラは、回を重ねるごとに増える一方だ。露出たっぷりの女性訓練士を集めたトラ動物園運営者のドック・アントルしかり、犯罪から足を洗おうと動物業界に乗り出す元麻薬王マリオ・タブラウエしかり、自分と妻との3Pに女性を誘い込むためのエサとして子トラを利用するラスベガスの投資家ジェフ・ロウしかり......。 病的だが魅力的な人物 ジョーの動物園の従業員の1人で、義足の男性はアウトドアでの事故で両脚を失ったと語るが、話はそこで終わり。本作は詰め込み過ぎで突っ込みが甘いまま進み、クレイジー度が足りない人々は脇に置いて、センセーショナルだが信憑性の薄い挿話にそれてばかりいる。 確かに、ジョーの人生は話題豊富で風変わり(既にポッドキャストや雑誌で取り上げられており、リアリティー番組になりかけたことも。同番組のプロデューサーも本作の登場人物の1人だ)。何度語り直しても飽きない。 ===== 病的に魅力的な彼は動物という存在によって満たされ、名声、または名声を追い求めることでさらに満たされると気付いた。 「俺はトラを見た」と題されたカントリーソングをレコーディングしたり、動画を配信したり。だが最高に満足感を得られるのは、自身の動物園で観客相手にショーをするときのようだ。アニマル柄のシャツのボタンをへそまで開け、これ見よがしに銃を腰に差して、ジョーはためらうことなく猛獣に接近する。 飼育する動物を虐待しているとか、触れ合い体験には大きくなり過ぎた幼獣を売り飛ばしているという黒い噂もある。しかし目くらましの連続のせいで、どれがほのめかしで、どれが確かな証拠なのかを見極めるのは難しい。 ジョーの天敵、見方によっては真の主人公ともいえるのは、動物保護団体の創設者キャロル・バスキンだ。ジョーから動物園を取り上げようとするバスキンの活動はジョーをさらに極端な行動に駆り立て、バスキンのそっくりさんを雇って、彼女の失踪した元夫の死体と称する肉を飼育するトラに食べさせたりもする。 病みつきにはなるが エキセントリック過ぎる男なのに、周囲の人間がジョーに尽くす訳を理解するのは難しくない。ある従業員は勤務中に重傷を負うが、動物園の評判が悪くなることを懸念して治療を受けずに済ます。 それでもジョーがバスキンに対してむき出しにする反感は、カメラの前でのポーズの域を超えている。その様子は見苦しく、ジョーを愛すべき変人として描こうとする作品の足を引っ張っている。 『タイガーキング』は間違いなく、病みつきになるドキュメンタリーだ。ただし、動物虐待の生々しいシーンがあることは断っておこう。例えて言えば、自動車事故をスローモーションで見るような場面だが、衝突相手はジェット機で、ジェット機もろとも石油タンカーに突っ込んでいくようなタイプの事故だ。 多くの強迫的行為と同じく、本作にのめり込んだ末に得られるのは満足感より消耗感かもしれない。視聴後に残るのは、あまり健全とは言えないことをしてしまったという漠然とした感覚だ。 だがコロナ禍の今、自宅に籠もりながら正気を保つのに役立つものは何でもありがたい。おまけに口八丁の詐欺師に対する免疫も付くのなら、言うことなしではないか。 ©2020 The Slate Group <2020年5月5日/12日号掲載> 【参考記事】新型コロナ都市封鎖が生み出す、動物たちの新世界 【参考記事】台本なしの自然界をそのまま。アフリカ系女優がナビする動物ドキュメンタリー ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月5日/12日号(4月28日発売)は「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集。パックン、ロバート キャンベル、アレックス・カー、リチャード・クー、フローラン・ダバディら14人の外国人識者が示す、コロナ禍で見えてきた日本の長所と短所、進むべき道。