新型コロナウイルス治療薬として特例承認された抗ウイルス薬「レムデシビル」を製造する米ギリアド・サイエンシズに対し、イラン系のハッカー集団が過去数週間にサイバー攻撃を仕掛けていたことが関係者らの証言で分かった。 不正なウェブアドレスを検出するウェブサイトの記録によると、4月時点でパスワードを窃取するための偽ログインページがギリアドの幹部宛てにメールで送られたという。攻撃が成功したかどうかは不明。 イスラエルのサイバーセキュリティー会社、クリアスカイの幹部は、記者になりすましてメールを送りつけ、メールアカウントに不正アクセスする手口だと指摘。また別の2人の関係者は、攻撃に利用されたウェブドメインやホストサーバーがイランと関係していると述べた。 イラン国連代表部の報道官はサイバー攻撃に一切関与しておらず、「国内のサイバー活動は外部からの攻撃を防御するものでしかない」と主張した。 ギリアドの広報担当はコメントを控えた。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・新型コロナ規制緩和の韓国、梨泰院のクラブでクラスター発生 ・コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当局の科学者「恐ろしい」 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染39人確認 7日ぶり増加、累計4810人 ・トランプ、新型コロナ検査で再び陰性 ホワイトハウスの世話係が感染   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月5日/12日号(4月28日発売)は「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集。パックン、ロバート キャンベル、アレックス・カー、リチャード・クー、フローラン・ダバディら14人の外国人識者が示す、コロナ禍で見えてきた日本の長所と短所、進むべき道。