韓国ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)のナイトクラブなどで発生した新型コロナウイルスの集団感染を巡り、政府が利用客の追跡調査を進めている。 調査では、携帯電話のデータ、クレジットカードの利用履歴、防犯カメラの映像を利用。これまでに100人以上の感染が確認されており、感染拡大の第2波が懸念されている。 保健当局は梨泰院のナイトクラブやバーと関係のある数千人をすでに追跡し検査を実施したが、まだ1982人と連絡が取れていないという。 当局によると、一部のバーは同性愛者が訪れることで知られており、プライバシーの観点から自己申告を避けている人がいる可能性がある。 政府の中央防疫対策本部によると、今回の集団感染では102人の感染が確認され、感染者の家族・同僚など7272人がすでに検査を受けている。 当局は携帯電話の基地局のデータを利用して、集団感染が発生したとみられる時期に梨泰院地区にいた1万0905人を特定。さらにクレジットカードの利用履歴から494人を探し出した。 地元報道によると、最初に感染が発覚した患者が訪れていたのはゲイクラブで、情報開示や報道が性的少数者の権利侵害や差別につながりかねないと懸念も浮上している。 *一部情報を更新しました。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 10日連続で2桁に抑える ・緊急事態宣言、14日めどに専門家意見を踏まえ可能なら解除=官房長官 ・新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(12日現在) ・韓国・文在寅、梨泰院のクラスター発生で新型コロナ第2波に警戒感   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月19日号(5月12日発売)は「リモートワークの理想と現実」特集。快適性・安全性・効率性を高める方法は? 新型コロナで実現した「理想の働き方」はこのまま一気に普及するのか? 在宅勤務「先進国」アメリカからの最新報告。