<カリフォルニアの刑務所で受刑者の感染が急増し、調べたところ、一部にわざと感染しようとする試みがあったことがわかった> カリフォルニア州キャスティークにある刑務所「ピッチェス矯正施設」の受刑者が、4月に入り新型コロナウイルスにわざと感染しようと試みていたことがわかった。検査で感染が確認されれば保釈される、と誤解したからだと、ロサンゼルス郡保安局のアレックス・ビラヌエバ保安官は5月11日の記者会見で述べた。 施設内の監視カメラには、受刑者たちが1つのコップでお湯を回し飲みしたり、1枚のマスクをそれぞれの口と鼻に当てて息を吸い込んだりする様子が捉えられていた。さらに受刑者たちは、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の規則に従わず、あえて室内の狭いエリアに集まって座っていた。この件が起きてから約1週間後に、同施設に収容されている受刑者21人が、新型コロナウイルスの検査で陽性と判定された。 ビラヌエバによれば、受刑者たちがお湯を飲んだのは、施設の看護師が体温を測る前に発熱を装うためだったという。 「受刑者たちの間で、事実無根の噂が信じられていたようだ。感染者が出れば、接触のあった受刑者ごと釈放せざるを得なくなる、というのだ」と、ビラヌエバは述べた。「もちろん、そんなことはあり得ない」 だが感染の試みの後、施設内の感染者数は「顕著に増加した」と、ビラヌエバは言う。「感染対策はうまくいっているのになぜ感染者が急増するのか、理由がまったくわからなかった」 わざと感染しようとするのは、施設内のすべての人の安全を脅かす行為だと、ビラヌエバは批判する。 もっとも、どこも過密状態の全米の刑務所の中には、感染が広がるのを避けるために罪の軽い者から釈放や仮釈放を行なった例もある。ロサンゼルス郡も、暴力犯罪以外で収監されていた受刑者4000人以上を釈放した。それが、誤った噂につながったのかもしれない。 「我々は選択を迫られた」と、ビラヌエバは4月の時点で述べていた。「刑務所を過密状態にしておけば、感染症はあっという間に広がって、多くの命が危険にさらされるところだった」 (翻訳:ガリレオ) <参考記事>過密状態の米刑務所は新型コロナウイルスの餌食 <参考記事>塀の中の新型コロナウイルス感染実態 米刑務所、次々「釈放」の波紋 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月19日号(5月12日発売)は「リモートワークの理想と現実」特集。快適性・安全性・効率性を高める方法は? 新型コロナで実現した「理想の働き方」はこのまま一気に普及するのか? 在宅勤務「先進国」アメリカからの最新報告。