ロイター/イプソスが11─12日に行った世論調査によると、米国で新型コロナウイルス感染による死者が増える中、ここ1カ月でトランプ大統領への批判的な見方が強まり、支持率が低下した。 今年11月の大統領選で再選を目指す共和党トランプ大統領の支持率は、民主党候補指名が確実となったバイデン前副大統領を8%ポイント下回った。 調査では、登録有権者の46%が11月3日の大統領選でバイデン氏を支持すると回答したのに対し、トランプ氏を支持するとの回答は38%。先週の調査では2%ポイントだったバイデン氏のリードが今週は8%ポイントに拡大した。 大統領としてのトランプ氏のパフォーマンス全般については、41%が支持すると回答。56%は支持しないと答えた。4月半ば時点では、支持が45%、不支持が51%だった。 新型コロナ危機へのトランプ氏の対応では、不支持が支持の割合を13%ポイント上回った。不支持が支持をこれほど上回るのはこの設問を開始した3月初め以来。 トランプ氏とバイデン氏を比較した場合、雇用創出ではトランプ氏の方が適任、医療制度政策ではバイデン氏の方が適任との見方が優勢だった。また、新型コロナ危機対応では互角だった。 調査は全米の成人を対象にオンラインで実施。1112人が回答し、うち973人が登録有権者だった。誤差は前後4%ポイント。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・緩むとこうなる?制限緩和を試みた韓国にコロナのしっぺ返し ・東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 10日連続で2桁に抑える ・韓国・梨泰院のクラスター、新型コロナ感染102名に ゲイの濃厚接触者の追跡がネックに ・緊急事態宣言、14日めどに専門家意見を踏まえ可能なら解除=官房長官   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月19日号(5月12日発売)は「リモートワークの理想と現実」特集。快適性・安全性・効率性を高める方法は? 新型コロナで実現した「理想の働き方」はこのまま一気に普及するのか? 在宅勤務「先進国」アメリカからの最新報告。