<WHOは、新型コロナウイルス感染予防策として人と人との物理的距離を確保する必要があることから、大規模なワクチン予防接種キャンペーンを停止するよう指示している......> 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、ポリオ(急性灰白髄炎)や麻疹などのワクチンの予防接種にも深刻な影響をもたらしている。ワクチンで予防可能な疾患(VPD)による死亡者数は世界全体で年間150万人と推計されるが、ワクチンの予防接種が停止もしくは延期されることにより、今後、世界各地で、このような疾患が流行するおそれも懸念されている。 WHOはワクチン予防接種キャンペーンの停止を指示 世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルス感染予防策として人と人との物理的距離を確保する必要があることから、2020年3月26日付のガイドラインで、大規模なワクチン予防接種キャンペーンを停止するよう指示した。 WHOやアメリカ疾病予防管理センター(CDC)、国連児童基金(UNICEF)らで構成されるイニシアチブ「世界ポリオ撲滅推進活動(GPEI)」では、対象国に対して、ポリオワクチン予防接種キャンペーンを6月1日以降に延期し、新型コロナウイルス感染症の発生状況をふまえたうえで実施の是非を再評価するよう助言している。 GPEIを率いるWHOのマイケル・ザフラン博士は、米誌サイエンスで、「2つの酷い状況にはまり込んでいる」と述べ、ポリオと新型コロナウイルスとのジレンマに陥っている現状を認めたうえで、「選択の余地はない。ポリオワクチン予防接種キャンペーンによって新型コロナウイルスの感染拡大につながってはならない」と説いている。 新型コロナウイルスが終息後、放置された別の疾病が脅威に 野生株ポリオウイルス(WPV)が今もなお発生しているパキスタンでは、4月以降、新型コロナウイルスの感染が拡大し、感染者数が5月12日時点で3万2081人にのぼる一方で、ポリオワクチン予防接種キャンペーンの停止に対する懸念も広がっている。 パキスタンにおける2019年の野生株ポリオウイルスの発生件数は147件で、2020年もこれまでに43件が確認されている。パキスタンでは、5歳未満の子どもを対象としてポリオワクチン予防接種キャンペーンを定期的に実施。 新型コロナウイルスが終息後、放置された別の疾病が脅威に 2020年2月のキャンペーンでは、4000万人の子どもがポリオワクチンを接種したが、独メディアのドイチェ・ヴェレ(DW)によると、4月だけで4000万人以上の子どもがポリオワクチンの定期予防接種の機会を失ったという。 パキスタンのように、人口が急速に増加し、医療体制が脆弱な国では、ワクチン接種をはじめとする疾病予防策が不可欠だ。パキスタン医師会(PMA)の事務総長カイサル・サジャド医師は「パキスタンでは、新型コロナウイルス感染症が終息したあと、それまで放置してきた別の疾病の脅威が高まり、状況がより悪化してしまうかもしれない」と懸念を示している。 ===== Vaccine-Preventable Disease Outbreaks Around the World | Data Vizeo #2 | GOOD Preventable diseases could return if vaccines delayed because of COVID-19