<「多死社会」化する日本で、人生の最期をどう過ごすか、幸せな死を迎えるためにはどうすればいいか。愛和病院(長野県長野市)副院長で、緩和ケア医の平方眞氏は「人生の最期を考える話し合い」の重要性を指摘する> 現在、日本の年間死亡者数は約130万人で、なお増加傾向にある。2038年には死亡者数がピークを迎え、約170万人となる予想だ。ピークを過ぎても、その後の30年間は、毎年150万人以上の人が亡くなるとされている。日本は急速に「多死社会」に向かっている。 愛和病院(長野県長野市)副院長で、緩和ケア医として3000人以上の患者を看取ってきた平方眞氏によると、今の日本で亡くなる人の多くは、死亡診断書にはがんや肺炎で亡くなったと記載されていても、イメージとしては「老衰9割+がん1割」「老衰8割+肺炎2割」のような感じなのだという。 つまり、ほぼ老衰なのだ。そのため、ほとんどの人が十分生きたと思える年齢であり、その時に死が訪れるのは自然なことだと言える。 今後、病院以外で最期を迎える人が増え、介護施設や自宅などの生活の場での看取りが増えていくのは確実だ。 平方医師は「多死社会=不幸な社会」になってしまうことを懸念している。死を少しずつでも生活の中に取り戻し、死を「忌み嫌うべきこと」として避けることなく、よい死、望ましい死、幸せな死を増やすことができれば、多死社会が不幸な社会になることを防げるという。 そのためにも「人生の最期を考える話し合い」と「緩和ケア」はとても大切――そう考える平方医師は、『人生のしまい方――残された時間を、どう過ごすか』(CCCメディアハウス)を上梓した。 「人生の最終段階」でのさまざまな話し合いをケーススタディとして紹介しながら(ほとんどが実話だという)、人生の最期をどう過ごすか、周囲の人と共に考えることの大切さを訴える一冊だ。 家族が知らなかったエンディングノート ここで、本書に掲載されているケーススタディを1つ紹介しよう。83歳の男性の事例だ。 男性は、体力と健康にはかなりの自信を持っており、「オレは医者になんか一度もかかったことがない」が口癖だった。しかし、風邪から肺炎を起こし、意識が朦朧とした状態で病院に搬送されてしまう。気管に管を入れ、人工呼吸をしないと助からない状況だという。 救急医から本人の意思を問われるが、家族は答えることができない。その結果、「できるだけのことをしてほしい」と答え、それに応じて救急医は、人工呼吸、心臓マッサージや電気ショック、強い薬を使って男性の命を助けた。 このとき、回復の見込みがない状態の男性に対して、家族は医師から3つの選択肢を示された。 (1)胃ろう、または経管栄養にする (2)普通の点滴をする (3)何もしない ===== (1)は、体内に水分とエネルギー源や微量栄養素を入れる方法で、場合によっては年単位で生きることができる。 (2)の点滴の中身はほとんどが水分で、体にある皮下脂肪、筋肉や内臓にある栄養が生きるための燃料になる。痩せて体力が少なくなっていくと水分も受け止められなくなるので、点滴の量を徐々に減らし老衰に近い形で看取ることになる。 (3)は、「口から食事を摂れなくなったときが寿命」という考え方をするヨーロッパでは比較的多くの人が選ぶ方法だ。日本では、まだ選択する人は少ない。 男性の家族が選択したのは、(2)である。「積極的に命を伸ばす治療はしなくていいが、せめて点滴は続けてほしい」とのこと。救急車で運ばれてから3週間後、男性は病院で息を引き取った。 だが葬儀の数日後、男性の部屋から「エンディングノート」が見つかった。そこには「延命治療は希望しない」「最期を迎えるのは病院よりも自宅がいい」という欄にチェックがしてあったという。家族は、もしエンディングノートの存在を知っていたら人工呼吸などの苦しい治療は選ばなかったかもしれない、と複雑な思いを抱えた――。 人生の最期を迎えるにあたり、残された人に気持ちを伝える方法の代表的なものに「エンディングノート」のほか、「遺言書」や「リビングウィル」がある。平方医師によると、これらを書くことは、自分の考えを整理するためにもよいことだという。 ただし、家族や医療従事者など信頼できる人にこのノートの存在を知らせておく必要がある。自己完結してノートをしまい込んでいたら、この83歳の男性のように自分の思いを伝えられずに最期を迎えることになってしまうからだ。 病気で倒れると、70%が自分の意思で判断できなくなる 特に元気な高齢者の方たちには、今すぐに人生の最期を考える話し合いを始めてほしいと平方医師は訴える。持病があっても命に差し迫った状況ではない高齢者は、人生の最期について具体的なイメージを持っていない人が多い。しかし、「子供の世話にはならない」と言いながら、いざとなったら子供に委ねてしまうというケースがよくあるのだ。 また、100歳近くまで長生きする人が増えた最近は、「逆縁」といって子供のほうが先に亡くなる現象も増えている。そうなると超高齢になった自分を看取ってくれる子供がいなくなってしまうのだ。 平方医師は、80歳になったら、少なくとも具合が悪くなった場合にどこで過ごしたいか、積極的な治療を受けたいか、もしくは自然な流れで無理な延命はしたくないのかを考えておくことを勧める。 ===== 80歳以上の人が病気で倒れる確率は、格段に高い。さらに倒れてしまうと、70%の人が自分の意志で判断できなくなるというデータがある。高齢者は「その先についての考え」を元気なうちに意思表示しておくことが大切だ。そして、これらを考えるときに、自分の体調をよく分かっているかかりつけ医は心強い存在になるという。 認知症一人暮らしでも在宅で看取ることはできる 軽い認知症を抱えながらも、一人暮らしをしていた84歳の女性を在宅で看取った事例も本書に紹介されている。 その女性は、がんを抱えつつも、介護サービスや近所に住む娘さんの力を借りて、一人暮らしを続けてきた。認知症は話が普通に通じることもあれば、そうでない時もある。いわゆるまだら認知症という状態だ。 認知症の自覚があるその女性は、平方医師と娘さんの3人でこれからのことを話すと、「いろいろなことがわからなくなって、どうしようもない行動をするようになったら......施設や病院に入ってもいい」と言ったという。しかし、それを聞いた娘さんは、「最期まで家にいたいという気持ちの裏返しなのではないか」と感じた。 その結果、早くから家で看取る環境を整えたため、周囲も落ち着いて一人暮らしを見守ることができたのだ。女性は1年あまりの在宅介護の末に亡くなったが、娘さんも「母の希望が叶えられてよかった」と感じており、すがすがしい看取りだったと平方医師は振り返る。 本人の状況や周囲の助けによっては、住み慣れた家での暮らしを続けることも可能になるというわけだ。そのためには、早い段階で周囲が気付き、分からなくなってしまう前に話し合っておくことが必要だ。 認知症の人は、環境の変化に弱く、話し合いの時には納得していても、話し合った内容を忘れてしまうことがある。特に現在の医療や介護では、「入院はなるべく短期で」と早く退院させ、施設にも長期滞在はできず、さまざまな場所に回されてしまうケースも多い。これは認知症の人にとっては最悪の状態だ。 認知症の人を理解し、どうすれば安心して暮らすことができるかを社会全体で考えていく時が来ていると、平方医師は考えている。 人生の「しまい方」を考えることは大切だ。とはいえ、自分の「死」と向かい合うことの不安もあり、なかなか踏み出せないという人も多いかもしれない。そんなときに本書を読めば、優しく穏やかに患者を見守る平方医師の温かい人柄や、それを支える医療・介護従事者の声がそんな不安にも寄り添ってくれるだろう。 『人生のしまい方―― 残された時間を、どう過ごすか』 平方 眞 著 CCCメディアハウス (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます) ※画像をクリックするとアマゾンに飛びますSPECIAL EDITION「世界の最新医療2020」が好評発売中。がんから新型肺炎まで、医療の現場はここまで進化した――。免疫、放射線療法、不妊治療、ロボット医療、糖尿病、うつ、認知症、言語障害、薬、緩和ケア......医療の最前線をレポート。