<アメリカ国内各所の刑務所内では、感染拡大を阻止するため3月から釈放措置が取られているが、わざと感染しようとするかのような行動も見られた...> COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染が拡大する一方のアメリカでは、一般市民生活に加え、警察署、老人ホームや介護施設、刑務所、ホームレスシェルターなど、閉ざされた空間でのクラスター問題も深刻となっている。 特に刑務所やホームレスシェルターは衛生環境があまり良くない密室空間に大人数が密集するため、感染者数は増える一方だ。国内各所の刑務所内では、感染拡大を阻止するため3月から釈放措置が取られている。 同じマスクを顔まで持ってきて鼻で吸い込む... こうした動きにつけこんで、わざと新型コロナに感染し刑務所から脱出しようとする者まで出てきている。2000人の受刑囚が収容されているカリフォルニ州の刑務所「ノースカウンティ矯正施設」では、何やら疑わしい行動が監視カメラに映されていた。 4月15日と26日、同刑務所内の共有スペースで、囚人の1人がインスタントコーヒーなどのために用意されている湯を給湯器からボトルに注ぎ、次々に囚人らで回し飲みをしている様子が確認された。また別の共有スペースでは、数名で同じマスクを顔まで持ってきて鼻で吸い込むような様子も映し出されていた。 そのうちの1つが撮影された日の翌16日、9人が体調不良を訴え、1週間後には30人の受刑囚が新型コロナの検査で陽性を示したことから、なぜ集団感染が起こったかを刑務所が調査し判明した。しかし、囚人にとっては軽はずみな行いだったようで、釈放されたのはそのうち2人だけだった。 この刑務所では4月15日、施設内で初の新型コロナの陽性患者が出ており、22日より隔離措置が始まっていた。 同州ロサンゼルス郡にある刑務所では通常、1万7000人から2万2000人ほどが収容されているが、新型コロナ感染者拡大による釈放措置により、5月11日の時点で刑務所内の人口は1万1723人にまで減らされている。その中で隔離環境に置かれている受刑囚は4500人にも上り、新型コロナに感染しているのは357人。この数は4月30日より3倍にも膨れ上がっているという。117人は回復している。 ===== ニューヨーク州でも大量に釈放 パンデミックによる受刑囚の釈放と言えば、ニューヨーク州でも大きな社会問題となっている。ニューヨーク市のライカーズ刑務所では3月末より合計1500人が釈放されるなど大量の受刑者が自宅拘禁の身となっている。いずれも比較的短い刑期の受刑者で、多くは心臓病、癌、HIVなど持病があるという。 その中にはトランプ大統領の顧問弁護士だったマイケル・コーエン受刑者や、有名ラッパーのTekashi 6ix9ine(テカシ・シックスナイン)受刑者も含まれている。4月上旬に釈放されたTekashi 6ix9ine受刑者は監禁中の自宅で早速、新曲とミュージックビデオを創ってリリースするなど、話題を作りに余念がない。 湯を回し飲みしたのは、直後に行われた看護師による体温チェックで少しでも体温を上げるためでもあったようだ。