フランスのフィリップ首相は14日、新型コロナウイルス流行による大きな打撃を被っている観光業の救済に向けた180億ユーロ(190億ドル)規模の支援策を発表した。 フィリップ首相は「大規模かつ先例にない」支援と説明。「観光業はかつてない厳しい向かい風にさらされている」とし、「観光業はフランス経済に極めて重要な産業の一つであり、救済は国家の優先課題だ」と述べた。 新型コロナ流行とウイルス感染拡大防止に向けたロックダウン(都市封鎖)の影響で、国内にあるホテルの95%は閉鎖。首相は経営破綻と雇用喪失の食い止めが政府の優先課題と述べた。 支援策には国営銀行による13億ユーロの企業向け直接資金注入も含まれる。 政府のデータによると、昨年フランスを訪れた外国人観光客は約9000万人と世界最高を記録。観光業が同国の2兆3000億ユーロ規模の経済に占める比率は約8%となっている。 また、ロックダウンの段階的緩和に伴い、ウイルス感染のリスクが低い地域では6月2日からレストランやカフェなどを再開できる可能性があるとした。しかし、新型コロナ流行の「レッドゾーン(危険区域)」とされるパリでの飲食業の営業再開はまだ先になる見通し。[パリ ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染30人に増加 感染者合計5000人突破 ・ニューヨークと東京では「医療崩壊」の実態が全く違う ・CIA:中国はWHOに圧力をかけて世界中のマスクや防護服を買い漁った? ・新型コロナ対策の規制緩和した韓国 感染症と暮らす「新しい生活様式」とは   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月19日号(5月12日発売)は「リモートワークの理想と現実」特集。快適性・安全性・効率性を高める方法は? 新型コロナで実現した「理想の働き方」はこのまま一気に普及するのか? 在宅勤務「先進国」アメリカからの最新報告。