<新型コロナウイルス対策でリモートワークへの切り替えが増加中だ。自宅で快適に働くコツを専門家に聞いた。本誌「リモートワークの理想と現実」特集より> 仕事をする時間はこれまでと変えない 仕事時間を設定するのは有効だ。仕事用の机やパソコン、ファイルがいつでも手の届く場所にある場合はなおさら。 コンサルティング会社ワークプレース・インテリジェンスのダン・ショーベルによれば、「リモートワークをめぐる最大の不安の1つは、仕事は長く大変になるのに残業代はもらえず、プライベートの時間にも悪影響が出ること」だという。 「会社に行く場合の勤務時間をそのままにすることが望ましい。普段午前9時から午後5時まで働くなら、家でも午後5時には仕事を終えて、残りは翌日に回そう」 自分に合った仕事用スペースを ソファで済ませるのはNG。 静かで自然光が差し込む場所で快適なデスクチェアに座って仕事がしたい人もいれば、逆に静か過ぎない所で立って仕事がしたい人もいるだろう。この機会に自分の理想の仕事スペースを作る工夫をして。 パートナーや子供、ルームメイトと同居しているなら、誰がどのスペースを使うか、仕事中いつなら話し掛けていいか、音や声はどの程度ならOKか、どのくらいプライバシーが必要かを決めておく。 「そうすれば誤解も後悔も少なくて済むはずだ」と国際コーチ連盟(ICF)会長のデイブ・ワンドラは言う。 孤独感の解消にウェブカメラが有効 「リモートワークの最大の問題は、会社にいるときと違って人とのつながりがないため、孤立感や孤独感を覚えること」だとショーベルは言う。 電子メールや電話の代わりにウェブカメラを利用して、オフィスにいるときのように同僚の顔が見えるようにしては? 人事分野の調査顧問会社フューチャー・ワークプレースの創設パートナー、ジーン・マイスターによると、画面の上から3分の1くらいが自分の目の位置になるようにカメラをセットすれば、あなたの顔全体が相手に見えるという。 ===== オフィス以上に密なコミュニケーションを 仕事を頑張っていても、そんなあなたの姿が同僚や上司には見えない。 「だからこそリモートワーク中はいっそう活発にコミュニケーションするべきだ」とショーベルは言う。「そうすれば、あなたが信頼できること、必要ならいつでも相談できることを、職場の仲間にアピールできる」 上司と定期的にミーティングをし、自分が今どんな仕事に取り組んでいるか、進捗状況はどうかを分かるようにしておくのもおすすめだ。 息抜きする時間もしっかり確保しよう リモートワークの場合、仕事にきりがなく、常にパソコンや電話に縛り付けられている気がしてプレッシャーを感じるかもしれない。 でも、途中でリフレッシュする時間も取らずに8時間働き通しなんて不可能だ。 自宅でもオフィスと同様、昼前にコーヒーブレイクを挟んだり、昼食の時は1時間デスクから離れたり、行き詰まったら散歩に出掛けたりするといい。 「何時間もぶっ続けで働くなんて絶対に無理。必ず30分から1時間の休憩を1日に数回取るように」というのがショーベルからのアドバイスだ。 【参考記事】音楽は仕事の集中力アップに役立つ? 心理学者が「最適な組み合わせ」教えます 【参考記事】Zoom、Slack、Houseparty 危険だらけの在宅勤務向けアプリ ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月19日号(5月12日発売)は「リモートワークの理想と現実」特集。快適性・安全性・効率性を高める方法は? 新型コロナで実現した「理想の働き方」はこのまま一気に普及するのか? 在宅勤務「先進国」アメリカからの最新報告。 ===== こうならないように気を付けよう、爆笑リモートワーク失敗集 TheEllenShow-YouTube