新型コロナウイルス感染者ゼロを主張する北朝鮮で、北東部・咸鏡北道の都市、羅先が突然封鎖された。 中国とロシアの国境に接する羅先は、20万の人口を抱える経済特区で、周辺国とのビジネスの往来も盛ん。住民はパニックに陥っている。 北朝鮮では5月初めに金正恩(キム・ジョンウン)党委員長が3週間ぶりに姿を見せるまで、さまざまな臆測が広がっていた。コロナ感染を避けるために隔離された、心臓血管手術の際にコロナに感染した──。 羅先の住民はアメリカの短波ラジオ放送ラジオ・フリー・アジア(RFA)に対し、封鎖は5月から始まり「鉄道客だけでなく陸路の客も規制されている」と話した。 「住民の多くは封鎖がコロナと関係あるとみているが、当局は理由を明らかにしていない」 一方で、金の同都市訪問に向けた準備のためではないかとの噂も広がっている。封鎖がいつまで続くか当局からの説明はなく、住民は不安を募らせている。 <2020年5月26日号掲載> ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月26日号(5月19日発売)は「コロナ特効薬を探せ」特集。世界で30万人の命を奪った新型コロナウイルス。この闘いを制する治療薬とワクチン開発の最前線をルポ。 PLUS レムデジビル、アビガン、カレトラ......コロナに効く既存薬は? ===== 金正恩が新型コロナウイルス感染を避けるために姿を消した説について伝えるニュース Reuters-YouTube