菅義偉官房長官は19日午後の会見で、東京都や大阪府などの緊急事態宣言について、21日に専門家の意見を聞き、31日を前に解除する可能性があるとの見解を示した。 菅官房長官は、感染の状況、医療供給体制、検査体制の構築の3つの指標について専門家の見解を聞き、その上で解除するかどうかを政府が総合判断するとした。具体的には、21日に専門家の意見を聞き、その結果に基づいて「31日を待たずに解除する」と述べた。 一方、地方自治体から要望の多い臨時交付金の増額について、菅官房長官は現在における臨時交付金の配分状況や新型コロナウイルスへの対処法などを踏まえ、編成作業が行われている2020年度第2次補正予算案に含めるかどうか「しっかりと検討していきたい」と述べた。 欧米に比べて開発が遅れていると指摘されている国内の新型コロナワクチンの対応状況について、菅官房長官は「東京大学や大阪大学、感染研(国立感染症研究所)などで対応しており、早ければ7月にも治験に入る見込みである」と語った。 (田巻一彦 編集:内田慎一)[東京 ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・「新型ウイルスは実験室で生まれた可能性もある」とする論文が登場 ・韓国政府、「K防疫」の成果を発信する最中に集団感染が再発 ・トヨタ、国内工場は6月も生産調整 工場稼働状況まとめ ・緊急事態宣言、全国39県で解除 東京など8都道府県も可能なら21日に解除=安倍首相   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月26日号(5月19日発売)は「コロナ特効薬を探せ」特集。世界で30万人の命を奪った新型コロナウイルス。この闘いを制する治療薬とワクチン開発の最前線をルポ。 PLUS レムデジビル、アビガン、カレトラ......コロナに効く既存薬は?