かつて南アフリカで弁護士として働き、公民権運動をおこなっていたマハトマ・ガンジー。彼が社会改革運動に取り組むようになったのは、列車内で受けた差別がきっかけでした。