米マクドナルドが新型コロナウイルス感染予防策に関する米政府の指針に従わず、従業員とその家族を危険にさらしたとして、シカゴの従業員5人が19日、同社を相手取って集団訴訟を起こした。 従業員の代表者から提供された訴状の写しによると、原告団は、マクドナルドが従業員に十分な消毒液や手袋、マスクを提供せず、1人の従業員が新型コロナに感染した時も他のスタッフに知らせなかったと主張。 同社は文書で、原告側の主張は不正確で、健康状態のチェックや防護具を含む安全対策は最優先事項だとコメントした。 原告団はイリノイ州の裁判所に、マクドナルドが従業員にマスクの再利用を求めるのを停止し、客には顔を覆う布の着用を義務付け、従業員が感染した場合に他の従業員に知らせるのを強制する命令を出すよう求めた。 これとは別に、カリフォルニア州の3カ所のマクドナルド店の従業員は同日、勤務環境が安全ではないとして、カリフォルニア州労働安全衛生部に行政措置を講じるよう申し立てた。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・緊急事態宣言、31日前に解除も 21日に専門家から意見=菅官房長官 ・トランプ、米政府スタッフ感染を機にコロナ予防のため危険な未承認薬を服用していた ・東京都、新型コロナウイルス新規感染5人 5日連続で20人以下 ・第2次補正予算は13兆円前後か 一律現金給付第2弾は見送りも家賃支援に増額圧力   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月26日号(5月19日発売)は「コロナ特効薬を探せ」特集。世界で30万人の命を奪った新型コロナウイルス。この闘いを制する治療薬とワクチン開発の最前線をルポ。 PLUS レムデジビル、アビガン、カレトラ......コロナに効く既存薬は?