インドのプリ民間航空相は24日、国内線の運航を25日から再開すると表明した。 一部の州は運航便数の制限を求めており、「厳しい交渉」を迫られたと説明している。 インドでは、過去24時間で新型コロナウイルス感染者が6767人増加。これは1日としては過去最多で、累計の感染者は13万1000人を超えた。 乗客にどのような衛生上のルールが適用されるかは不明だが、航空各社は25日から通常の3割程度の運航を再開する準備を進めている。 これに先立ち、企業が集中する西部のマハラシュトラ州、南部のタミル・ナドゥ州、東部の西ベンガル州の政府当局者は、新型コロナの感染が拡大しており、運航再開の準備が整っていないと主張していた。 プリ民間航空相が24日遅くツイッターで明らかにしたところによると、マハラシュトラ州とタミル・ナドゥ州は25日から便数を制限して運航を再開することに同意。南部のアンドラ・プラデシュ州は26日から運行再開を認める。 西ベンガル州は大型サイクロンで打撃を受けており、州都コルカタへの旅客便の運航再開延期を中央政府に要請した。同相によると、28日から部分的に運航を再開する。 インドは連邦制で各州が独自のルールを決められるため、経済活動の再開に向けた中央政府の対応が複雑になっている。[ムンバイ/ニューデリー ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラートでレインボーブリッジ赤点灯 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る ・コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当局の科学者「恐ろしい」 ・韓国クラスター発生の梨泰院、BTSメンバーら芸能人も 感染者追跡の陰で性的マイノリティへの差別も   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月2日号(5月25日発売)は「コロナ不況に勝つ 最新ミクロ経済学」特集。行動経済学、オークション、ゲーム理論、ダイナミック・プライシング......生活と資産を守る経済学。不況、品不足、雇用不安はこう乗り切れ。