■ブエノスアイレスの封鎖を6月7日まで延長、新型コロナ感染増加止まらず アルゼンチンは23日、ブエノスアイレスで行なっているロックダウン(都市封鎖)を6月7日まで延長するとともに、一部の移動規制を強化した。市内では最近、新型コロナウイルス感染確認が増加している。 ■豪ベインキャピタル、ヴァージンに2度目の買収提案へ オーストラリアのプライベートエクイティ(PE)、ベインキャピタルは24日、4月に経営破綻した豪航空大手ヴァージン・オーストラリア・ホールディングスに対して2度目の買収提案を行う準備を進めていると発表した。 ■米国の新型コロナ感染者は162万人超、死者9.7万人=CDC 米疾病対策センター(CDC)は24日、国内の新型コロナウイルス感染者数が23日時点で前回発表から2万6229人増え、162万2114人になったと発表した。 ■レムデシビル治験、酸素供給必要なコロナ患者に最も有効=米NIH 米国立衛生研究所(NIH)は22日、ギリアド・サイエンシズの新型コロナウイルス感染症治療薬「レムデシビル」の臨床試験で、人工呼吸器は必要ないが酸素供給が必要な患者に対して最も効果的であることが示されたと明らかにした。 ■豪首相、雇用創出の必要性強調 ビクトリア州は観光業再開へ オーストラリアのモリソン首相は24日、政府の社会保障費支出を抑制するため、雇用を創出する必要性を強調した。同国で2番目に人口の多いビクトリア州は、森林火災の被災地や、新型コロナウイルス感染を防止するための制限措置で打撃を受けた地域の観光業再開に向けた対策を打ち出した。 ■産金アングロゴールド、南ア鉱山を再停止 労働者164人がコロナ感染 世界的な産金大手アングロゴールド・アシャンティは24日、南アフリカのムポネング鉱山で労働者164人が新型コロナウイルス検査で陽性になったため、操業を一時停止したと発表した。同鉱山は南ア全土の封鎖措置が緩和された4月に操業を再開したばかり。 ■独ルフトハンザ、6月中旬から20都市への運航再開 独政府と90億ユーロ(98億ドル)の救済策で協議中の航空大手ルフトハンザは、来月中旬から20都市への運航を再開する。同社の広報担当者が24日、明らかにした。 ■南ア、都市封鎖をさらに緩和へ 来月1日から 南アフリカのラマポーザ大統領は24日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために導入していたロックダウン(都市封鎖)を来月1日からさらに緩和する方針を示した。 【関連記事】 ・東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラートでレインボーブリッジ赤点灯 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る ・コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当局の科学者「恐ろしい」 ・韓国クラスター発生の梨泰院、BTSメンバーら芸能人も 感染者追跡の陰で性的マイノリティへの差別も ===== ■米の中小企業支援融資、受け取った上場企業8割強が返金せず=調査 米政府が中小企業支援のために導入した給与保護プログラム(PPP)に基づく融資について、上場企業の8割強が資格要件を満たしていると主張し、資金を受け取ったままにしている。市場調査会社ファクトスクエアードのデータで明らかになった。 ■米アマゾンがインドで5万人を一時採用へ、コロナ封鎖で需要急増 米アマゾン・ドット・コムのインド法人は、インドのオンラインショッピング急増に応じるため5万人を一時採用すると発表した。インドでは、新型コロナウイルス感染拡大のためのロックダウン(都市封鎖)で人々が2カ月にわたって屋内での自粛生活を余儀なくされている。 ■英首相、側近の行動巡り党内からも批判 都市封鎖中に400キロ移動 英国のジョンソン首相は24日、側近であるドミニク・カミングス上級顧問がロックダウン(都市封鎖)中に400キロ離れた親類宅を訪問していたとの報道について、カミングス氏の責任を問わない考えを示した。 ■ルノー、政府支援受けるなら海外生産能力の増強停止すべき=仏閣僚 フランスのボルヌ環境相は24日、仏自動車大手ルノーについて、公的支援を受ける代わりに海外での生産能力増強を停止すべきだとの考えを示した。 ■米メモリアルデーの週末、ビーチに人々が殺到 感染の第2波リスクも 米国では、新型コロナウイルス感染防止の行動制限緩和が進む中、メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)の今週末、多くの人がビーチや公園に集まった。しかし、感染の第2波のリスクも懸念されている。 ■米企業団体、トランプ氏に短期就労ビザの継続を要請 トランプ米大統領が短期の就労ビザ(査証)の制限を検討する中、米国の300を超える企業・業界団体・教育団体は22日、専門技能を持つ外国人の入国を阻止すれば経済に悪影響が出るとの書簡を大統領に送付した。 ■仏独のコロナ復興基金案、オーストリアなど4カ国が反対表明 欧州連合(EU)加盟国のオーストリア、スウェーデン、デンマーク、オランダは23日、フランスとドイツが提案した5000億ユーロ規模の復興基金の創設に反対を表明した。 ■英財務相、戦略的重要企業の個別救済計画を承認=FT スナク英財務相はこのほど、戦略的に重要とみなす企業を個別に救済することを可能とする計画を承認した。資金面で苦境に直面する企業については、政府が株式を取得することも辞さない意向だ。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が伝えた。 【関連記事】 ・東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラートでレインボーブリッジ赤点灯 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る ・コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当局の科学者「恐ろしい」 ・韓国クラスター発生の梨泰院、BTSメンバーら芸能人も 感染者追跡の陰で性的マイノリティへの差別も ===== ■米大統領補佐官、コロナ巡る「隠蔽」は中国版チェルノブイリと指摘 オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は24日、中国の新型コロナウイルス感染拡大への対応について、旧ソ連による1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故と同じような情報隠蔽があったとの見方を示した。 ■米、ブラジルからの入国制限 新型コロナ感染対策で 米ホワイトハウスは24日、過去14日間にブラジルに滞在した外国人の入国を禁止すると発表した。ブラジルで新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受けた措置。永住権保持者や米国市民の近親者、航空便の乗務員などは対象外となる。 ■中国の銀行セクター、通年利益は横ばいか減少も=人民銀行 中国の銀行セクターは第1・四半期に利益が増加したものの、新型コロナウイルスの感染拡大が経済にさまざまな問題をもたらしていることから、今年全体では利益が横ばいか、場合によっては減益になる恐れがある――。中国人民銀行(中央銀行)の調査部門は24日、こうした見解を明らかにした。 ■スペイン、7月から観光客受け入れ サッカー1部リーグも6月に再開 スペインのサンチェス首相は23日、7月から外国人観光客を再び受け入れる方針を示すとともに、サッカー1部リーグの試合を無観客で6月8日から再開する計画を明らかにした。 ■中国、コロナがなければ成長率目標約6%に設定できた=国家主席 中国の習近平国家主席は、新型コロナウイルス感染症の流行が起きなければ、中国は今年の成長率目標を約6%に設定できていただろうと述べた。国営メディアが23日報じた。 ■米国、新型コロナ対策で時間を無駄にすべきではない=中国外相 中国の王毅国務委員兼外相は24日、米国に対し新型コロナウイルス対策で時間を無駄にすべきではないと主張、虚偽の情報を広めたり中国を攻撃するのではなく、感染対策で中国と協力すべきだと述べた。 ■G7サミットは6月末に通常形式で開催へ=米大統領補佐官 オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は24日、主要7カ国首脳会議(G7サミット)が6月末に通常通り、各国首脳が集まる形で開催されるとの見通しを示した。 ■日産、約30億ドルの追加コスト削減を計画=WSJ 日産自動車は、昨年7月に発表した30億ドルのコスト削減に追加し、約30億ドルを削減する計画。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が計画に詳しい関係者の話として報じた。 ■メインストリート融資、今週応募開始へ─ボストン連銀総裁=CBS 米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は24日、米CBSの番組で、連邦準備理事会(FRB)の中小企業向け「メインストリート融資制度」が今週、申請受け付けを開始し、翌週に融資を始める見通しだと明らかにした。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラートでレインボーブリッジ赤点灯 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る ・コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当局の科学者「恐ろしい」 ・韓国クラスター発生の梨泰院、BTSメンバーら芸能人も 感染者追跡の陰で性的マイノリティへの差別も   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月26日号(5月19日発売)は「コロナ特効薬を探せ」特集。世界で30万人の命を奪った新型コロナウイルス。この闘いを制する治療薬とワクチン開発の最前線をルポ。 PLUS レムデジビル、アビガン、カレトラ......コロナに効く既存薬は?