<呼吸器を冒す病原体は数カ月~数年は止まらないと、疫学の第一人者でミネソタ大学感染症研究・政策センターのオスターホルム所長に聞くパンデミックの次なる段階> 夏の訪れを知らせるメモリアルデー(戦没者記念日)の休日、「日常」に戻りたいというアメリカ人の想いはピークに達した。米国内各地では新型コロナウイルス対策の様々な制限が緩和され始め、メイン州ではキャンプ場の営業再開が許可された。ニューヨーク市はビーチの開放を検討中で、フロリダ州では青少年の活動全般を解禁した。 アメリカをはじめ各国は、アフター・コロナの新しく不確実な段階に突入しつつある。厳しいソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保戦略)が導入されたことで、ニューヨークやイタリア、イギリスなど感染拡大が最も深刻だった地域では、新たな感染者の数は何とか抑え込んだ。今後の課題は、再び感染爆発が起来て医療システムが崩壊するのを防ぎつつ、いかにして人々の暮らしと精神面の健康を守っていくか、ということだ。 ところが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)で疲弊しきった国の活動をどうやって再開していくかについての「総意」は、まだどこにも存在しない。政治家と公衆衛生の専門家たちの考え方は違う。専門家の中でも、際立った2つ意見が対立している。一方は、感染者と接触した可能性がある全ての人を追跡し、14日間の自主隔離を求めるという大規模な接触追跡(コンタクト・トレーシング)を行うべきだという。もう一方は、接触追跡では現実的にウイルスを止めるのは難しいという。アメリカのように、他人に詮索されたり指図を受けたりするのを嫌う人が多い国ではとくに難しい、というのだ(実際、アメリカではまだ絶対にマスクはしないと抵抗する人々もいる)。 <参考記事>マスク着用を拒否する、銃社会アメリカの西部劇カルチャー 政府の責任から個人責任へ 新型コロナウイルスから国民の身を守るのは、これまで「政府責任」だった。だがウイルス対策の各種制限が緩和され、経済活動が再開されるこれからは、ウイルスから身を守るのもいわば「個人責任」だ。われわれはウイルス対策について何の確証ももたないまま、新たな段階に足を踏み入れようとしている。 アメリカでは、COVID-19で死亡するリスクが高い高齢もしくは基礎疾患がある国民が全体の約40%にのぼる。彼らやその近親者が、自らどこまで感染リスクを冒す覚悟なのか、今年の夏はその判断が問われることになるだろう。 ミネソタ大学感染症研究・政策センター所長で疫学の第一人者のオスターホルムはこう語る。「飲酒運転にたとえるなら、取り締まりは政府がやるべきだ。だが私たち国民の側にも、自分の行動に責任を持ち、酒を飲んだら運転しないようにする責務はある」 オスターホルムは、新型コロナウイルスがパンデミック(世界的大流行)を引き起こし、都市部に最も大きな打撃をもたらすだろうと、早い段階から警鐘を鳴らしていた。だがこの先は、きわめて不透明な要素が多いと言う。新型コロナウイルスは、一般的な風邪を引き起こすのと同じコロナウイルスの一種だが、今回のパンデミックを見ていると、急速に感染拡大し、発症すると急激に症状のピークを迎えるなど、特徴がインフルエンザに近い。夏に向けて、このウイルスがどのような特徴を見せるのかは誰にもわからない。 <参考記事>ニューヨークと東京では「医療崩壊」の実態が全く違う ===== 確かなのは、経済的な苦境で家計や人々の心が大きな打撃を受けていること。そしてパンデミックが終息にはまだ程遠いことだ。今後は感染拡大の第2波がやってくるかもしれず、第2波は第1波よりも致死率が高くなる可能性もある。「このウイルスは今後も、抗いようのない勢いで広がり続けるだろう」とオスターホルムは言う。「生物学的にも化学的にも物理学的にも、それが自然な流れだ。どんな政策も、それを阻止し続けることはできない」 以下に、オスターホルムと本誌のQ&Aの一部を紹介する。 ──あなたは、新型コロナウイルスの感染拡大ペースが緩やかになるのは、人口の60~70%が感染した後になるだろうと指摘している。まだ流行が終わったわけではないことを、人々は理解しているのだろうか? オスターホルム 人々は、感染拡大の初期のピークをなんとかやり過ごして夏が来れば大丈夫だ、と誤った考え方をしているようだ。気持ちは分かる。誰だって元どおりの生活に戻りたい。私が言っているのは、「(いったんピークがおさまっても)それは一時的に落ち着いただけで、恐ろしい嵐の前の静けさにすぎない」ということだ。 「野球に例えればまだ2回の表」 ──ドナルド・トランプ米大統領はずっと、パンデミックは近いうちに過ぎ去ると言ってきた。人々に間違った期待を抱かせたのだろうか? オスターホルム そのとおりだ。呼吸器疾患を引き起こす病原体は、過去のパンデミックでも、数週間〜数カ月ではなく、数カ月〜数年の単位で続いている。パンデミックとはそういうものだ。 ──夏の間にウイルスが消えてなくなるという期待をあなたは恐ろしいと言った。それはなぜか。 オスターホルム それが急激な感染拡大を招くからだ。ニューヨークが経験したより急激な感染爆発が2~3倍の規模で起こったらどうなるかを想像してみて欲しい。ニューヨークの多くの地域では、これまでに新型コロナウイルスに感染した人間が人口の20%にも満たない。集団免疫を獲得し始めることができる60%や70%には程遠い状況だ。私たちはこれまでに散々苦しみ、死者を出し、経済的にも大きな打撃を受けたが、野球にたとえればまだ2回の表が始まったところにすぎないということだ。 ===== ──パンデミックの次の段階は、これまでの数カ月とどう違う? オスターホルム 私たちは1月後半の時点で、このウイルスが世界中に広まっていくだろうと分かっていた。2月後半と3月前半に感染拡大が深刻化する可能性が高く、人口密集地で最も深刻になるだろうと予想していた。そして実際、予想どおりの展開になった。 今後、このウイルスはインフルエンザ・ウイルスのような動きをして、過去のインフルエンザ・パンデミックと同じような展開になるのか? それとも、私たちがこれまでに経験したことのないコロナウイルスのパンデミックが起こって予想のつかない展開になるのか? いずれにせよ、新型コロナウイルスのように呼吸器疾患を引き起こす病原体は基本的に、感染させられるだけの人間を感染させるまでは止まらないということだ。 当面われわれに考えつく対策は、医療崩壊だけは避けられるよう感染のペースを遅らせることだけだ。 ──大量検査は答えにならないか。 オスターホルム 検査にこだわるのはやめるべきだ。今日は2万件検査した、次は3万件を目指そうと、株価のような扱いだ。 必要なのは大量検査ではなくスマートな検査だ。適切な日に、適切な地域の適切なグループに適切な検査をして期待した通りの結果を得る。高度に戦略的でなければならない。 ──検査して隔離する、接触隔離は現実的ではないということか。 オスターホルム そうだ。 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月2日号(5月25日発売)は「コロナ不況に勝つ 最新ミクロ経済学」特集。行動経済学、オークション、ゲーム理論、ダイナミック・プライシング......生活と資産を守る経済学。不況、品不足、雇用不安はこう乗り切れ。