メキシコの首都メキシコ市の今年1-5月の死者数が、過去4年間の同時期の平均を8072人上回っていることが研究者の調査で分かった。 新型コロナウイルスの感染拡大が原因となった可能性がある。 保健当局の発表によると、メキシコ市の新型コロナによる死者は1655人。当局は実際の死者数が発表よりも多いことを認めているが、検査率が低いため、正確な死者数を推定するのは難しいとしている。 ソフトウエア開発者のMario Romero Zavala氏と経済コンサルタントのLaurianne Despeghel氏がメキシコ市の死亡証明書のオンライン・データベースを基に調査したところによると、年明けから5月20日までの死者は3万9173人。過去4年間の同時期の平均は3万1101人だった。 感染症が流行した一定期間の死者数が、過去の平均的な水準をどれだけ上回っているかを示す「超過死亡」は8072人。当局が発表した新型コロナの死者は、超過死亡全体の20%強に相当する。 メキシコでは国立統計院のデータで死者数が遡れるのは2018年までで、超過死亡の算出は難しい。 Despeghel氏は「今回の調査で新型コロナ感染症が拡大した時期に死亡率が上昇したことは分かったが、新型コロナが直接・唯一の原因だと判断するにはデータが不足している」と述べた。 ロイターがメキシコ市の13の葬儀場を調査した結果、5月第1週の超過死亡は、政府が発表した同時期の新型コロナ死者数の少なくも2.5倍に達している可能性がある。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている ・第2次補正予算は13兆円前後か 一律現金給付第2弾は見送りも家賃支援に増額圧力 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染8人 1週間平均は6.8人に ・米メモリアルデーの週末、ビーチに人々が殺到 11州で感染増加し第2波のリスクも   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月2日号(5月25日発売)は「コロナ不況に勝つ 最新ミクロ経済学」特集。行動経済学、オークション、ゲーム理論、ダイナミック・プライシング......生活と資産を守る経済学。不況、品不足、雇用不安はこう乗り切れ。