<新型コロナウイルスをいまだにジョークと思っている人々がいる、とヒューストン市長> 米テキサス州は5月22日から経済活動再開の第2段階に入ったが、州都ヒューストンはとたんに人で溢れ、この調子では感染者がどれだけ急増するかわからない、と市長が悲鳴を上げている。 ヒューストンのシルベスター・ターナー市長は5月24日、バーやクラブでの新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、消防保安官(警察権も持つ公認の法執行官)が公衆衛生対策の遵守状況を取り締まることになる、と述べた。バーやクラブは、収容人数を25%以下に抑えるのが営業再開の条件だ。 ターナーは、5月25日の戦没将兵追悼記念日(メモリアル・デー)を含む週末に撮影された動画や写真を見て失望した、と述べた。飲食店は満員でソーシャル・ディスタンシング(社会的距離戦略)どころか、マスクさえしていない客ばかりだったのだ。 人口2900万のテキサス州ではこれまでに、新型コロナウイルス感染者が5万6000人を超え、死者も1533人に上っている。5月23日の新規感染者数が1060人。16日の1801人からは減ったものの、ほぼ1000人台で横這いが続いている。なかでもヒューストンが位置するハリス郡の感染者数は1万900人を超え、州最多となっている。 「これほどの多くの感染者には対応できない」と、ターナーは記者会見で言った。「まだ態勢ができていない」 耳を貸さない市民もいる 「いまだに新型コロナウイルスをジョークだと考えている人がいるが、これはジョークではない。経済は再開した。テキサス州はその第2段階にあり、バーやレストラン、理容室などが営業を始めた」 経済再開とともに、感染対策を置き去りにした市民も多いようだ。ヒューストン消防署長サミュエル・ペーニャによれば、5月22日からの週末には、コロナ対策違反の苦情が殺到したという。 ソーシャルメディアやニュースサイトは、混雑したバーやクラブ、プールで撮影された写真や動画で溢れた。メキシコ湾のギャルベストン島でビーチパトロールをしているピーター・デイビスは地元テレビ局に対し、「人がたくさんいて、誰もマスクをしていない」と語った。 #Austin 6th street, May 22ndThe first day bars have been offically allowed to open. I clocked a thousand + in the streets.The mood, excited. Maybe ever a bit over excited. Police shut down road traffic on the street. Crowd persisted until 3am. pic.twitter.com/eb8Nl8yCNA— Taylor Blount (@Third3y3Club) May 23, 2020 No masks, no social distancing as thousands attend this Montgomery Co water park, opened in defiance of ⁦state orders. Pure greed and recklessness. This is how TX loses against the virus. Enforce the law, ⁦@GregAbbott_TX⁩ . https://t.co/YosNwdmDZU— Alexandra Chasse (@AlexandraChasse) May 23, 2020 テキサス州のグレッグ・アボット知事は5月18日、経済再開に向けた第2段階への移行を発令した。5月22日から、飲食店の収容人数制限を定員の25%から50%までに引き上げるほか、バーも定員の25%以下なら営業再開が許可された。 しかしターナーは、耳を貸さない市民もいるのだと嘆く。一方で、強制的なやり方もしたくない、という。 「残念ながら、このウイルスは、すし詰めの店内でマスクもしていなければ、どんどん感染が広まってしまう可能性がある。やがて手に負えなくなってしまうまで」 (翻訳:ガリレオ) ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月2日号(5月25日発売)は「コロナ不況に勝つ 最新ミクロ経済学」特集。行動経済学、オークション、ゲーム理論、ダイナミック・プライシング......生活と資産を守る経済学。不況、品不足、雇用不安はこう乗り切れ。 ===== No covid concerns at the lake of the ozarks #loto pic.twitter.com/Yrb4UNM64u— Scott Pasmore (@scottpasmoretv) May 24, 2020 #Austin 6th street, May 22ndThe first day bars have been offically allowed to open. I clocked a thousand + in the streets.The mood, excited.