<少数民族を撮影した色鮮やかな作品で知られる写真家、ヨシダナギ。このたび、ドラァグクイーンの写真集を発売した彼女はこう語る。「自分とちがう人ほど、かっこいい」> 初めて海外に行ったのは20歳のとき。初めて一眼レフを買ったのは21歳のとき。その後ヨシダナギは、単身アフリカへ渡り、独学で写真を学び、少数民族たちの写真を撮って、フォトグラファーになった。 当初は被写体である少数民族と同じ格好になって撮影するスタイルも注目されたが、アフリカをはじめ世界中の少数民族を撮影した彼女の作品は、鮮やかな色彩にあふれ、高く評価されている。いま脚光を浴びる日本人写真家の1人だ。 2017年には、エチオピアのスリ族を撮影した初の写真集『SURI COLLECTION』(いろは出版)と著書『ヨシダ、裸でアフリカをゆく』(扶桑社)で、講談社出版文化賞(写真賞)を受賞。同年、Pen誌(CCCメディアハウス)が主催する「Penクリエイター・アワード2017」にも選出されている。 ヨシダナギ/1986年生まれ。近年はほかに、阿寒湖イコロシアター「ロストカムイ」キービジュアル撮影、山形県「ものつくり」プロモーションのムービーディレクションなども手掛けている そんなヨシダナギだが、次なる被写体はドラァグクイ-ンだという。男性だが女装をして、自己表現をするパフォーマーたち。なぜ、ドラァグクイーンなのか? 「自分とちがう人ほど、おもしろい。かっこいい。幼少期からそう思ってきました。世界中の先住民族や少数民族に会い、撮影してきたのは、そんな想いがずっと心の中にあったからです」と、ヨシダは言う。 「今回被写体にドラァグクイーンを選んだのも、私と異なる彼女たちへのそんな興味でした。そして、実際にニューヨークとパリで出会った彼女たちの立ち姿には、言葉にできない美しさと強烈な存在感がありました」 その存在感をヨシダは「複雑な歴史や自負を両肩に背負い受け入れた人間だけが発するもの」だと言う。その点で、アフリカの少数民族と共通しているのだと。 そうして完成したのが、18人のドラァグクイーンの全57カットを1冊にまとめた『DRAG QUEEN--No Light, No Queen--』(ライツ社)だ。 この作品集には、実際の撮影風景をおさめたプロモーションムービー(ニューヨーク篇、パリ篇の2本)と、ヨシダ自身によるドラァグクイーン全員のインタビューを収録したDVDが特典として付く。また、8月12日からは、東京の西武渋谷店を皮切りに全国の百貨店などで同名の個展も開催予定だ(※)。 ヨシダナギ『DRAG QUEEN--No Light, No Queen--』(ライツ社)より ===== アフリカの少数民族を撮り始めた頃のことについて、ヨシダはエッセイ『ヨシダナギの拾われる力』(CCCメディアハウス)にこう記している。 「私の写真は、ありのままの姿を切り取ったドキュメンタリー写真ではない。見ればわかるように、ポーズや構図をディレクションして撮影している上に、かなりのレタッチ(修正)を施している。......ある日、モデルが凄くいいのだから、イラストを描くように私の世界観で彼らのカッコ良さを表現してみてもいいんじゃなかろうか。もしかしたら、まったくアフリカに興味がない人たちにも彼らのカッコ良さが伝わるんじゃなかろうかと、ふと思い立ってゴリゴリにレタッチをかけてみたら、予想以上にいい感じになった」 彼女の写真によって、アフリカの少数民族のカッコ良さを初めて知った人は少なくないだろう。きっと次はドラァグクイーンだ。彼女たちのカッコ良さを、ヨシダの写真が教えてくれるに違いない。 『DRAG QUEEN--No Light, No Queen--』 ヨシダナギ ライツ社 5月25日発売 (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます) ※巡回展『DRAG QUEEN--No Light, No Queen-- by nagi yoshida』は、コロナウイルスの影響により、延期・中止・制限の可能性があるため、ヨシダナギ公式HPや各会場のウェブサイトを参照のこと。