■NY州知事、州政府への連邦支援を要請 米景気回復に「不可欠」 米ニューヨーク州のクオモ知事は27日、新型コロナウイルス流行の打撃を受けた米経済の回復を後押しするため、連邦政府による州・地方政府への支援が不可欠との認識を改めて示した。 ■米ボーイング、大幅人員削減に着手 計1.2万人以上 米航空機大手ボーイングは27日、米国内で計1万2000人以上の雇用を削減すると発表し、まず週内に6770人を対象に一時解雇を通知すると明かした。 ■米経済活動は急低下、新型コロナによる混乱で=地区連銀報告 米連邦準備理事会(FRB)は27日に公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による混乱を反映し、全米の経済活動は過去数週間で急激に低下したとの見方を示した。 ■米、コロナ禍で接客業は依然苦境 新環境に適応も=連銀総裁 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は27日、新型コロナウイルスの影響で飲食や宿泊など接客業が依然として苦境に陥っているものの、経済再開に伴い新たな環境に徐々に適応する企業も見られるという認識を示した。 ■湾岸アラブ6カ国の新型コロナ感染者20万人超、1カ月足らずで倍増 ロイターの集計によると、湾岸アラブ6カ国での新型コロナウイルス感染者数が1カ月足らずで倍増し20万人を突破した。 ■英経済、コロナ禍からの回復「長く困難」になる恐れ=中銀総裁 イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は27日、英経済の新型コロナウイルス感染拡大による影響からの回復について、中銀の見通しよりも長い時間がかかるリスクがあるとの考えを示した。 ■WHO財団を新設、新型コロナ対策向けの資金源確保で=事務局長 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は27日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を抑制する世界的な取り組みを主導する中で、資金不足回避に向け新たな資金源を確保するために、財団を新設すると発表した。 ■ロシア大統領、新型コロナで「最悪シナリオ回避」 状況は安定 ロシアのプーチン大統領は27日、新型コロナウイルスへのタイムリーで的を絞った対応が効果を発揮し、状況は安定してきたと述べ、最悪のシナリオは回避できたという認識を示した。 ■ディズニー、7月11日からフロリダ・テーマパークの段階的再開を計画 米娯楽大手ウォルト・ディズニーは27日、新型コロナウイルス流行によって閉鎖していたフロリダ州オーランドにあるテーマパーク「ウォルト・ディズニー・ワールド」を7月11日から段階的に再開する計画を明らかにした。 【関連記事】 ・コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気まぐれ介入に科学者は猛反発 ・新型コロナ対策追加に伴う第2次補正予算案のまとめ ・経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ ・新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている ===== ■欧州委、7500億ユーロのコロナ復興基金案 3分の2を補助金で 欧州連合(EU)の欧州委員会は27日、新型コロナウイルスの流行で打撃を受けた域内経済への支援策として7500億ユーロの復興基金案を公表した。市場から調達する資金を融資や補助金として提供する。 ■仏英伊ベルギー、抗マラリア薬の使用や試験停止 新型コロナ治療で フランスやイタリア、英国、ベルギーで、新型コロナウイルス感染症治療で抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」の使用停止に向けた動きが強まっている。 ■インタビュー:新型コロナ受け「母艦型」オフィスへ移行 ロンドンは尚早=英金融街 ロンドンの金融街カナリーワーフの戦略マネジングディレクター、ハワード・ドーバー氏は27日、新型コロナウイルスの危機を受け、職場が複数の箇所で働く従業員の基地の役割を果たす「母艦型」オフィスへ移行していると述べた。ただロンドンなどの巨大都市がなくなるというには時期尚早との見方を示した。 ■独ルフトハンザ、救済案巡るEU提示条件を監査役会が拒否 ドイツ航空大手ルフトハンザは27日、独政府と合意した90億ユーロ(98億ドル)規模の救済案を巡り、監査役会が欧州連合(EU)から課された条件を拒否したと発表した。 ■米経済、下期に力強く回復 不確実性は高い=NY連銀総裁 米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は27日、米経済は5月、もしくは6月に底入れし、今年下半期には力強く回復するとの見方を示した。ただ先行き不透明感は高いとし、連邦準備理事会(FRB)はさまざまなシナリオを検証しているとした。 ■各国中銀は「できるだけ早く」出口戦略策定を、BISトップ要請 世界の中央銀行でつくる国際決済銀行(BIS)のカルステンス総支配人は27日、世界的な高債務に対処するため、積極的な措置からの出口戦略を「できるだけ早く」策定し、金融政策の正常化に取り組まなければならないとの見方を示した。 ■ドイツ首相、コロナ流行「始まったばかり」 地方の責任重大 ドイツのメルケル首相は27日、新型コロナウイルスの流行は始まったばかりで、対応を巡って地方の責任が増しているという考えを示した。 ■米ノババックス、コロナワクチン製造増強 チェコの施設買収 米バイオテクノロジー企業のノババックスは27日、新型コロナウイルスワクチン候補の製造能力増強に向け、東欧チェコにある製造施設を1億6700万ドルで買収すると発表した。 ■スイス、コロナ制限さらに緩和 300人以下の集会や一部出入国許可 スイスは27日、イタリアを除く近隣諸国との国境封鎖を解除し、規模の大きな集会を解禁する方針を明らかにした。新型コロナウイルス感染状況が改善の兆しを示す中、ウイルス感染抑制策をさらに緩和する。 ■労働市場へのコロナ打撃、南北アメリカが最大=ILO報告書 国際労働機関(ILO)は27日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により4月から6月の間に世界中で3億500万人が失業すると試算し、そのうち南北米大陸の打撃が最も大きいとの見方を示した。 【関連記事】 ・コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気まぐれ介入に科学者は猛反発 ・新型コロナ対策追加に伴う第2次補正予算案のまとめ ・経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ ・新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている ===== ■独、G7サミットの対面参加まだ未定 英は米と緊密に連絡 ドイツのメルケル首相の報道官は27日、米国で開催予定の主要7カ国首脳会議(G7サミット)について、対面形式で参加するかまだ分からないとし、新型コロナウイルスの動向次第と表明した。 ■EU、コロナワクチン・治療薬開発に77億ユーロ振り向け 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は27日、新型コロナウイルスに対するワクチンや治療薬の開発のほか、医療保健サービス提供に必要な向こう4年間分の資金確保に向け、金融市場から77億ユーロ(84億9000万ドル)を調達する計画を発表した。域外への依存度低下も目指す。 ■格下げリスクのある発行体数が過去最高に、新型コロナで=S&P S&Pグローバルの分析によると、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により、信用格付けに引き下げリスクがある国や企業の数が過去最高に達した。 ■スウェーデン中銀、回復局面ではマイナス金利の可能性=副総裁 スウェーデン中央銀行のセシリア・スキングスレー副総裁は27日、新型コロナウイルスで打撃を受けた国内経済の回復を支援するため、利下げしてマイナス金利に回帰する可能性があるとの見解を示した。 ■英の雇用助成金給付対象、840万人に急拡大=財務相 英国のスナク財務相によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響で一時帰休となった労働者のための雇用助成金の給付対象は、先週から40万人増え、840万人程度になっている。 ■H&M、ストックホルム本社の従業員が7月に職場復帰 スウェーデンのファストファッション大手へネス・アンド・マウリッツ(H&M) は27日、新型コロナウイルスの感染拡大により休業を要請していたストックホルム本社の従業員2500人が、7月に職場復帰すると発表した。 ■EXCLUSIVE-米のアフガン駐留部隊縮小、計画を大幅前倒しで達成=当局者 米とNATO軍の当局者によると、アフガニスタンに駐留する米軍の規模を8600人程度に縮小するとの目標が、6月上旬までに達成される見込みとなった。当局者の1人によると、新型コロナウイルス感染拡大を懸念し、予定よりも早く撤退を進めていたという。 ■テスラ、北米でEV価格を最大6%引き下げ 中国でも 米電気自動車(EV)大手のテスラは、数週間にわたるロックダウン(都市封鎖)で自動車需要が落ち込んだことを受けて、北米でのEV価格を最大6%引き下げた。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気まぐれ介入に科学者は猛反発 ・新型コロナ対策追加に伴う第2次補正予算案のまとめ ・経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ ・新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月2日号(5月25日発売)は「コロナ不況に勝つ 最新ミクロ経済学」特集。行動経済学、オークション、ゲーム理論、ダイナミック・プライシング......生活と資産を守る経済学。不況、品不足、雇用不安はこう乗り切れ。