韓国保健当局は29日、新型コロナウイルス感染症治療薬として使われている米製薬ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬「レムデシビル」の輸入を要請する方針を明らかにした。 国内で新たな感染者数が再び増加していることに対応した。 韓国疾病予防管理局(KCDC)によると、輸入には食品医薬品安全処の認可が必要となるが、政府の諮問委員会はレムデシビルには効果が認められると結論付けたという。 韓国では新型ウイルス感染の第1波は抑え込んだものの、社会的距離維持政策が緩和されて以降、比較的小規模だが根強く残る感染例が報告されている。 28日に国内で確認された新たな感染者は58人で、累計感染者数は1万1402人、死者は269人。 欧州でも新型ウイルス感染症患者にレムデシビルを投与する動きは広がっており、欧州医薬品庁(EMA)は傘下の医薬品委員会(CHMP)がレムデシビルの評価にかける時間を「最低限」にとどめると表明した。 レムデシビルを巡っては、日本や英国で新型ウイルス感染症の治療薬として承認されているが、韓国と欧州連合(EU)では未承認。ギリアドは現在、同薬の製造を増強している。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加 ・ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため? ・韓国、新型コロナ新規感染者は79人 4月5日以来最多、ネット通販の物流センターで感染拡大 ・経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月2日号(5月25日発売)は「コロナ不況に勝つ 最新ミクロ経済学」特集。行動経済学、オークション、ゲーム理論、ダイナミック・プライシング......生活と資産を守る経済学。不況、品不足、雇用不安はこう乗り切れ。