ノルウェーとデンマークの政府は29日、6月中旬から両国間の観光客の移動を許可すると発表した。 ただ、新型コロナウイルス感染者数が依然多いスウェーデンとの移動は引き続き規制される。 デンマークのフレデリクセン首相とノルウェーのソルベルグ首相は個別に記者会見し、両国間の相互移動に関する規制の大半は6月15日に解除されると述べた。 ソルベルグ首相は、「あまり急激な開放はできない。それはわれわれがこれまで成し遂げてきたすべてを脅かすことになる」と述べた。 デンマークは、ドイツとアイスランドからの観光客も受け入れる方針。外国からの観光客は全員、入国前に少なくとも6泊の宿泊予約が求められるとともに、新型コロナ感染の大半が発生しているコペンハーゲンでの滞在は許可されない。スウェーデンからの観光客の入国も規制を続ける。 スウェーデンの感染者の死亡率は、他の北欧諸国より数倍高い。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染5人 6日ぶりで1桁に ・SNSで「医療関係者は国の英雄」盛り上がるインドネシア 背景に犠牲者55人という苛酷な現実 ・なぜブラジルは「新型コロナ感染大国」へ転落したのか ・北九州市長「第2波の真っただ中」 政府は感染増でも福岡県への緊急宣言再発出考えず   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月9日号(6月2日発売)は「検証:日本モデル」特集。新型コロナで日本のやり方は正しかったのか? 感染症の専門家と考えるパンデミック対策。特別寄稿 西浦博・北大教授:「8割おじさん」の数理モデル