東京都は、3日都内で新たに12人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。 前日34人の陽性者が出た東京都は、小池知事が感染への警戒を都民に呼びかける「東京アラート」を発動したが、3日の新規陽性者は半分以下に減少した。ただし、3日連続の2桁台ということで東京アラートは継続されている。また、都内で確認された陽性者の合計は、5295人となった。 感染状況をチェックするモニタリング指数は、過去1週間の新規陽性者数の平均が16.4人(前日16.3人)、新規陽性者に占める感染経路不明者の割合が45.2%(前日50%)、週単位での陽性者の増加比が1.95(前日2.15)となっている。 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数・累計 【関連記事】 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染13人 再び2桁台に ・検証:日本モデル 西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」 ・なぜブラジルは「新型コロナ感染大国」へ転落したのか ・WHOに絶縁状、トランプの短気が招く「世界公衆衛生危機」の悪夢   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月9日号(6月2日発売)は「検証:日本モデル」特集。新型コロナで日本のやり方は正しかったのか? 感染症の専門家と考えるパンデミック対策。特別寄稿 西浦博・北大教授:「8割おじさん」の数理モデル