ロイターの集計によると、英国で3日、新型コロナウイルス感染症による死者が5万0059人となり、5万人を突破した。欧州では最多で、世界では米国に次いで2番目に多い。 ロイターの集計では、イングランドとウェールズ、北アイルランドの5月22日までの死亡証明書と、スコットランドの5月31日までの死亡証明書で新型コロナに言及しているケースを算入している。 政府が毎日発表する統計と異なり、死亡証明書に基づく数字には感染が疑われるケースも含まれている。 ロイターの集計ではこのほか、5月23日以降にイングランドの病院、ウェールズ、北アイルランドで発生した死者も含まれている。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防策への激しい反発にあっている ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・検証:日本モデル 西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」 ・「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月9日号(6月2日発売)は「検証:日本モデル」特集。新型コロナで日本のやり方は正しかったのか? 感染症の専門家と考えるパンデミック対策。特別寄稿 西浦博・北大教授:「8割おじさん」の数理モデル