新型コロナウイルス感染症治療への抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」利用に関する初の主要臨床試験で、ウイルスにさらされた後に投与しても効果がないという結果が3日示された。また、ヒドロキシクロロキン使用に伴う深刻な副作用や心臓への影響は確認されなかった。 ミネソタ大の研究者らが主導した試験では、新型コロナとの接触があった、もしくは感染リスクの高い世帯に住む821人の被験者にヒドロキシクロロキンもしくは偽薬(プラセボ)を投与し、効果を比較した。 ヒドロキシクロロキンが投与された被験者では、新型コロナ感染症のような症状を発症したのは11.8%、プラセボでは14.3%だった。この差は統計上有意でなく、研究者は「試験のデータからは、ウイルスにさらされた後、ヒドロキシクロロキンに効果がないことが示された」と述べた。 ヒドロキシクロロキンはトランプ米大統領が有望な新型コロナ治療薬として推奨し、自身も服用していた。 一方、欧州では一部の国で政府が新型コロナ患者へのヒドロキシクロロキンの投与を禁止している。また、米国内の医療機関でも使用を大幅に減らしている。 ミネソタ大の臨床試験では、ヒドロキシクロロキンを投与された人のうち40%で吐き気や腹部の不快感といった軽い副作用が確認されたが、この割合はプラセボを投与された人では17%だった。 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は同日、新型コロナ感染症の治療に利用するため、一時停止していたヒドロキシクロロキンの臨床試験を再開すると発表している。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防策への激しい反発にあっている ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・検証:日本モデル 西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」 ・「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年6月9日号(6月2日発売)は「検証:日本モデル」特集。新型コロナで日本のやり方は正しかったのか? 感染症の専門家と考えるパンデミック対策。特別寄稿 西浦博・北大教授:「8割おじさん」の数理モデル